上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
70、『お姉ちゃん』                 ‐翠・美陽
「……お姉ちゃん、もう大丈夫?」
「大丈夫だよ」
 そう答えると、瑠璃は安心したように笑った。瑠璃より前に泣き止んでいた私も、瑠璃が泣き止んだことにほっとして笑った。
「……全く」
 頭の上から、葵のため息が聞こえる。そして、続けて葵は忍に問いかけた。
「忍、今は何の刻?」
「22の刻の五半刻と刻分の四」
「つまり……22の刻の9分か」
 再びため息をつく葵に、立ち上がる忍。その二人のやり取りに、私はずっと気になっていたことを思い出した。
「あの、忍。なんで忍は時刻が分かるの?」
 聞くと、一瞬、忍が固まった、気がした。
「あっ、いやあの、言っちゃいけないことなら言わなくていいんだけど、その」
 慌てる私に、瑠璃が当たり前のように答える。
「お姉ちゃん。忍お姉ちゃんだから、分かるんだよ。それだけ」
「……まあ、合ってる、と言えばそうだけど」
 葵が歯切れ悪く呟く。何が、と問う前に、再び葵が口を開いた。
「それより、早く家に帰ろう。特に翠」
「え?」
 訳が分からなくて、きょとん、と葵を見上げる。すると葵も一瞬固まったが、すぐにため息を吐いた。
「……翠を心配している人は、他にもたくさんいるんだよ」
「藺草も、湊も、預言者も心配していた」
「……えっ?」
 それは……。私は、今回の計画の内容をようやく思い出す。そうだ、こっそり行って……。
「……もしかして、黙って出たの、気付かれた?」
「当然だろ」
 葵が顔をしかめて言う。思わず下を向いたが、その先にいた瑠璃も頬を膨らませていた。
「……いなくなったことに気付いた湊と預言者が、わっちと藺草に捜索を依頼した。他にも多くの者が翠を探している。わっちは葵にも助力を頼もうとこの区域に来て、葵と会い、事態を把握した」
「たくさんの人!?」
 ぱっ、と忍を見ると、忍は私の言葉に頷いた。ただ驚く私に、瑠璃が口を開く。
「みんな、お姉ちゃんがいなくなったら嫌なの。だからもうこんなことしちゃ駄目だよ」
「……え、ってことは、瑠璃ちゃんも私を探して!?」
「瑠璃は違う」
 軽く混乱する私の言葉を、忍はきっぱり否定する。
「瑠璃は、わっちが翠と葵を捜索中に見つけた。だから連れてきた」
「じゃ、じゃあ瑠璃ちゃんも、黙って出てきたの?」
「それは――」
 なぜか言いよどむ忍。代わりに答えたのは――他でもない、瑠璃だった。
「お母さん、瑠璃のこと分からないから、言っても無駄なの」
「――え」
 ゆっくりと、瑠璃へ顔を向ける。瑠璃は――笑っていた。
 泣きそうな顔で、無理やり。
「……お母さん、『お姉ちゃん』のことしか、覚えてないの」
 痛々しいその笑みは、初めて池に潜ったあの日見たのと、全く同じものだった。

















こんにちは、みなみです!
いやあの……中旬ぐらいにも……更新しようと……思って……(自爆
まあ、過ぎたことより今後の更新! ですね!
そういえば、夏休みが終わって大学がまた始まりました。
夏休み中はあまり外出しなかったので、日差しが眩しいです。←
そのうち慣れていくと思います。たぶん。
でも、よく考えたら去年の今頃はすでに二学期始まってたんですよね……時間の流れ怖いなぁ。

なんかまとまりませんが、この辺で(^_^)/~
ではまた次回!
















コメント返信>
Aspecchi様>
 ありがとうございます! そして、ごめんなさいm(__)m
 更新速度上がったかに見えてすぐ下がりました……上がるよう頑張ります。
スポンサーサイト
2014.09.28 Sun l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
69、晴の泣き声                 ‐爛
 あちこちから悲鳴が上がる。
 今度の炎はさっきのものとは違った。囲むのではなく、直接彼らに火を付けたのだ。
「おのれ……焔!」
 紅蓮一族の男が焔を睨む。瞬間、焔が赤子をあたしに押し付けた。固い布越しに伝わる柔らかさが、あたしを戸惑わせた。
「なっ――」
 なんであたしに。不可解な行動に焔を見る、が、彼女は苦しそうにうずくまっていた。
 その背を、炎に焼かれて。
「滴(しずく)!」
「はい」
 男の声に目線を戻すと、青い髪の女性が男の隣に立っていた。男と同じぐらいの背丈で、男同様、焔を睨んでいる。彼女の足元からあふれた水が、斜面を下り仲間の足元を通っていく。さっき水を出したのは彼女、いや青髪の者か。同時に、あたしは悲鳴が消えていることに気付いた。彼らを焼いていた炎も。――焔のものを除いて。
「ふん、裏切り者が。血族の温情ゆえに謹慎で済ませていたものを、仇で返すとは。結局、最後まで出来損ないだったわけだ」
 その言葉に焔が反応したのか、男の体に再び炎が上がる。しかし、それも一瞬だった。隣の女性が手を触れた瞬間、そこから水があふれ、火が消えたから。
 どうしよう。動きたいけれど、その瞬間火を付けられてしまうだろう。……この赤子を巻き添えに。
「……終わりだ、焔」
 男がそう言い、女性が唇を歪めて笑った、その時だった。
 あたしの腕の中から、泣き声が響いた。
 今まで、全く動かなかった赤子が――晴が、泣いていた。泣き止む気配もなく、けれど暴れることもなく。ただ、泣いていた。何かを求めているようには見えなかった。苦しがっているようにも、不思議と思えなかった。ただ、泣いていた。理由もなく泣いているようにしか、思えなかった。
 誰もが不意を突かれ、誰もが赤子を見た。
 ただ――二人を除いて。
「――晴ぅぅぅっっ!!!」
 焔が叫び、再び彼らを炎が包む。そしてほぼ同時に、後ろの方に見えていた青い髪がひとりいなくなった。無意識に数える――あと三人。
 赤子を左腕に抱く。空いた右手で真剣をぱっと鞘から抜く。考える間もなく、投げる。
 剣は狂いもなく、滴と呼ばれた女性の左胸を貫いていた。
「ぞく……ちょ……」
 倒れこむ彼女を、男がとっさに支える。二人とも、炎に包まれたままだった。いや、それは二人に限った話じゃない。見たところ、火が消えたものはいない。
 青い髪の者も。
「紅き者……貴様……」
 男があたしを見ようとした。睨もうとした、の間違いかもしれない。けどその前に、男の左胸を、後ろから刃が貫いた。倒れる男から剣を抜いたのは――赤目。
「よくもふたりを!」
 上から声が降ってきた。とっさに見上げると、炎に包まれた青年が飛びあがって空中にいた。水色の髪をたなびかせ、赤目へと一直線に落ちていく。あたしは彼らを見回し、一旦、赤子を地に置いた。赤子はまだ泣き続けている。矢筒から矢を抜き、弓を構える。そして、矢を放った。……青年と同じ、水色の髪の者に。
 あたしの矢が相手に突き刺さった時にはもう青年も、赤目の刃によって息絶えていた。
 そして、立っている者も、ほとんどいなかった。














こんにちは、みなみです!
更新できた喜びと小説が上手く書けない悲しみを味わってます。
短い時間にたくさんの動きがあると難しいですね……。
まあ、とりあえず今回は、赤目お疲れって感じです。
……なんか短いですが、今日はこの辺で(^_^)/~
ではまた次回!
2014.09.06 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
68、涙                 ‐翠・美陽
 洗濯はすぐに終わった。藺草と忍が丁寧に教えてくれたから、効率のいい洗い方も干し方も、ちゃんと覚えていた。紅の里にいた頃にこのやり方を知っていたら、どんなに便利だっただろう。それに、この服。濡れても簡単に乾くなんて、すごい。紅の里にも、あったらよかったのに。あったらどんなに、……爛が、喜んだだろうな。ううん、やっぱり喜ばないかもしれない。赤き女神は火の女神。水なんて、嫌いだろう。
 いつの間にか暗くなる考えに頭を振った。今は、そんなこと考えてる暇はない。……葵が、待ってる。
 ランプの明かりを消して、扉を開ける。そこには待っている葵――と。
「あっ、お姉ちゃん! もうっ、駄目だよこんなことしちゃ!」
 小さい体が、思い切り駆けてくる。その向こう、木から体を離した葵のそばには、腕組みをして立つ金の髪の少女。
「……え、瑠璃ちゃんに、忍? どうして?」
「それよりお姉ちゃん、水に入ったんでしょ? 瑠璃、駄目って言ったのに! ひどい!」
 疑問で頭がいっぱいの私に、瑠璃が抱き付き怒る。心なしか、離れたところにいる忍と葵も頷いた気がした。
「……ごめんね、瑠璃ちゃん。私……どうしても知りたくて」
「なんで! 変になっちゃうのに! お姉ちゃん、葵お兄ちゃんがいなかったらほんとに……」
 話すうちに、瑠璃の瞳に涙が溜まる。なだめる暇もなく、涙がぽろぽろと、零れる。
「お姉ちゃん、いなくならないで。お姉ちゃんがいなくなったら駄目。瑠璃、いい子でいるから。だから、いなくならないで」
「……瑠璃ちゃん」
 瑠璃が、私の服に顔をうずめて泣く。どうしたらいいか分からなくて、私はただ、瑠璃の名を呼んだ。
 『大丈夫』なんて、今は言えなかった。今、私は美陽だ。弱くて頼りない存在。そして、『大丈夫、いなくならないよ』なんて、……保証できないことを、知っている。
 ずっとずっと、一緒にいられると、思ってた頃は、もう、遠い昔のように、思える。
 だから、私は――。
「――大丈夫。瑠璃は、一人ではない」
 いつのまにか、瑠璃の頭を誰かが撫でていた。はっ、と顔を上げると、そこには忍がいた。片膝をつき、優しく瑠璃を撫でている。その表情も、どこか優しげだった。
「瑠璃は、多くの者に愛されている。誰も、瑠璃を一人にはしない。わっちも、藺草も、葵も、……翠も」
 そう言って、忍は顔を上げた。咎めるように、私を見る。
 私は、一人だったのに。
 不意に、そんな思いが込み上げた。反射的に、唇を噛みしめる。――言っては駄目だ、言ってはいけない。私は……辛く、なかった。
 淋しくなかった。
 そのとき頭にそっと、温かいものが触れた。それは――その手は少しぎこちなく、私の頭を撫でる。
『嘘をついて、自分を偽って、無理をして、『大丈夫』なんて……言うな。』
 涙が、零れる。拭っても、拭っても、あとからあとから零れていく。
 ――一緒にいたい。何回も、そう思った。爛と一緒にいたかった。碇さんたちと一緒にいたかった。別れるのは、淋しかった。一人でいるのも、とても、とても、
『大丈夫だよ、お姉ちゃん。瑠璃が、ここにいるからね。みんな、一緒にいるからね。』
「……一緒にいたい。私……瑠璃ちゃんと、みんなと、一緒に、いたい。今度こそ、……ずっと、一緒にいたい」
 弱弱しくて、かすれて、涙に交じって、聞き取りにくい、声。それでも、瑠璃が一瞬、抱きしめる腕を強めて、忍が微笑んだ気がして、そして、葵が撫でる手は変わらず優しくて。
 そうして私は、しばらく泣いていた。














こんにちは、みなみです!
……また放置しちゃったうわあああぁ\(゜ロ\)(/ロ゜)/←
とっくに……夏休みだったのに……。
久々すぎて、今までの流れをぶった切っていないか不安です(汗汗
それどころかあらすじ付けた方がいい、のだろうか……。
とりあえず、まだ先は長いので、なるべく更新したいと……毎回言っている気がする(爆
まあ、夏休みはまだ残っているので、その間に一、二回は必ず更新を! そして、できれば放置なんてしていなかったあの頃に……ってことでせめて月一更新を! は肝に銘じようと思ってます。
なんというか……中学二年生から書き始めたのに、まだ起承転結でいう「承」なんですよね……(遠い目

爛も翠も、様々な出来事に出会い、悩み、そして自らの運命を辿っていきます。
いつ完結するのかは分かりませんが、これからも彼女たちの物語を見守ってくださると嬉しいです。
















コメント返信>
Aspecchi様>
 本がないと生きていけませんから!(笑)
 それに通学時間がちょっと長いので、ずっと携帯はきついです。
 
 あ、私もそう思います。ただ私の場合、「読む>書く」になっている気がしますが……(汗
2014.08.31 Sun l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
67、焔の覚悟                 ‐爛
 張り詰めた沈黙が、あたしと男の間に広がった。
 あたしはただひたすら考えた。――彼らが本当に、この戦いはあたしたちが負けると考えているのなら、また、この生活で憎んでいるのが山の里でなく同じ異なる力を持った仲間だとしたら、確かに加勢する理由はない。それどころか、生活を良くするためにあたしたちと戦う可能性がある。なら、やはり滅ぼす対象に、彼らも入れなければならない。……でも、どうやって。
 穢れたモノ。異端の力。
 彼らが持つ力が何なのか、知らずに攻撃するのは危険すぎる。もちろん、『時の一族』が山の里から逃げようとして結局捕まったことが事実なら、さほど強い力ではないかもしれない。けれど男は『紅蓮一族かつ全一族』と言った。男が紅蓮一族で、他にもいろいろな一族がいて、そして一族ごとに力が違う、という可能性は否定できない。いや、おそらくそうだろう。もしかしたら、髪の色も関係しているかもしれない。例えば男と同じ赤い髪の者は紅蓮一族で――そこであたしは気づいた。
 じゃあさっきの焔という少女は、目の前の男と同じ――……。
 火。
 突如目の前に現れた炎。驚いて数歩下がる。ほんの一瞬、ほんの短い間で点けられた炎は、勢いよく燃えあがり、あたしの背より高く踊る。しかも――なぜか炎は、彼ら異端の者を取り囲んでいる。
「焔、貴様だな!」
 男の声。それが合図だったのか、炎は一度に消えた。と共に、あたしの足元に水がどっと流れてくる。誰かがこの水を出して火を消したのだろう。……こうして、どこからともなく激しい炎を出せるのなら、或いはどこからともなく大量の水を出せるのなら、それはまさしく、――異端の力。
 神を冒涜する者。
「……焔、貴様、なぜ我々に逆らい、紅き者を味方する? お前は私と同じ――」
「紅蓮一族。炎という異端の力を持ち、神を冒涜する穢れたモノ。――そうです。そんなこと、ちゃんと分かっています」
 言いながら、焔は歩きだす。何かを、大事そうに抱えながら。
「なら何故」
「兄様」
 焔は泣きそうに微笑んだ。そして、――あたしの側に来た。
「私に……この子は殺せません」
 思わず焔の腕の中を見る。彼女が抱えていたのは――金の髪を持った赤子だった。
「……それは、我々を裏切った一族の血を引く子だぞ」
「それでも……私の子です」
 焔の、今にも涙が零れそうな瞳が、強い意志を宿し始める。
「たとえ、裏切り者の子と呼ばれても、たとえ、穢れたモノからも忌み嫌われても、それでも私はこの子を愛します。この子を守るために、命を懸けます。あの人の忘れ形見であるこの子を――晴(はる)を失わなければならない世界なら、世界の方が間違ってる。みんながこの子を亡き者にしようとするなら……私は」
 焔の瞳から、涙が一粒、零れた。
「どんな手を使ってでも……この里を、出ます!」
 まばゆい炎が、上がった。









こんにちは、再び若干の放置をしましたみなみです。
なんか……ほんとすみません……。
あ、大学の方は一応慣れてはきました。
と言ってもまだ一月ぐらいしか経ってないのでホント慣れるのに手一杯って感じでしたが(^_^;)
新しいことがいっぱいでいろいろ大変ですが、ちょっとずつ楽しさも見出せてきたかな、と思います。
あと密かに読書時間の減少が心配でしたが、通学電車内で読めばいいことに気付き無事解決。←
まあ、先も長いので、これからも油断せず(?)大学生活頑張ります!
そして紅滄も頑張ります!←
ではまた次回!












コメント返信>
Aspecchi様>
 ありがとうございます!
 そうですねー。個人的には、今まで完結した物語がほぼ皆無ということがあるので、やっぱり一度完結させたいなと思っています。
 
2014.05.04 Sun l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
えっと……。

ほぼ一年放置してすみませんでしたぁっ!!!(スライディング土下座

という訳で、本当にお久しぶりですみなみです。
受験生だからしばらくパソコン自重しようかな→それならブログで言っておかなきゃな→忘れる(しかも時々パソコンやる)
という恐ろしくダメダメな経緯により今に至ります。ほんとすみませんでした。
その上生まれた時間を勉強でなく読書に充てていた気がします。ほんとすみませんでした。
あと、久々過ぎてブログをどんなふうに書いていたかも忘れる始末です。
いや、そもそもブログってなn(爆←

とりあえず、ひとつご報告を。
無事、大学に合格しました!!
本当に良かったです。安心しました。
これであとは入学手続きを何事もなく完了すれば晴れて大学生です。
……何事もなければね(遠い目
ともかく、これでこれからは更新……が増えるとは限りませんが(←え
少しずつでも、小説の続きを書いていきたいと思います。
この一年近くの間に色々この小説について考えることもあったので、少しは謎回収が……出来ているはず……←
まあ、先は遠いですが一歩一歩頑張ります。

なんだか短い気もしますが、話題が無くなってしまったのでこの辺で(^_^)/~
また次回!

















コメント返信>
Aspecchi様>
 ものすごく返信遅れてすみません……<(_ _)>
 口調ですか? そうですよね。でも頑張ります……。
 ありがとうございます! 無事終わりました。
 これからは小説を……頑張ります、たぶん。←え

つねさん様>
 読んでいただきありがとうございます!
 とりあえず今はこの小説を完結させたいと思っているので、なかなか難しいかもしれません……。
2014.02.27 Thu l 日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。