上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
朝顔が 咲いた道を 一人で歩く
苦しいほどに綺麗な青空に 手を伸ばす
手が届かない→届くわけがない どんなに背伸びしても
君のいる世界には…

だけど

ラブレターを書いた 君に宛てて
「君のことがずっとずっと好きです」と
叶うことのないこの想いは
居場所のない何かのように 机に置いた

橙色(オレンジ)に染まる道を 一人で歩く
泣きたいほどに焼きつく夕空に つい叫んだ
返らぬ木霊→返るわけがない どんなに大声でも
君の声も姿も…

だけど

ラブレターを入れた 鞄の奥
「君のことがずっとずっと好きです」を
叶うことのないこの想いは
きっとずっと伝えられない ――なのに消えない

分かってる 分かってる 分かってるよ
この恋は ずっと 片想い
君は気づいてもいないだろう
だけど
だけど
だけど――…

ラブレターを出した 君に宛てて
「君のことがずっとずっと好きです」と
宛先不明のこの手紙が
神様の奇跡でどうか 届いてほしい

ラブレターの返事 今日も来ない
「ありがとう」も「ごめんね」も 来るはずがない
それでもお願い あの手紙を
この手で破るような日が 来ませんように






・・・はい、またまた作詞です。小説は・・・ね。←書けよ
でも今回のはなんてゆーか・・・乙女だね(自分で書いたけd
どう解釈するかどうかは君次第です!!(キラーン☆

・・・言って(書いて)みたかっただけだよw
まあ、次回は小説書きたいなぁと思ってます てか頑張って書きます!
ではまた~ww
スポンサーサイト
2010.07.11 Sun l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
月明かりの下 ガラクタ人形は起き上がる
暗い路地のゴミ捨て場 後にし歩きだす
頭の中に眠る かすかな記憶 辿って 私のいるべき場所へ

ちかちかちか 星が瞬き ひらひらひら カーテン揺れる
似たようなものがひしめき 私を呼ぶ 「こっちだよ」
私はぽつりとつぶやく 「そこにあなたはいないの」
歩き出す

私が目指す場所は 仲間たちのいる場所
お粗末なダンボールの中 温かな笑い声
ビー玉の瞳に映った 優しいあなたの顔
「おやすみなさい」 とささやく

星明かりの下 ガラクタ人形は歩いてる
おごそかな猫の集会 後にし走り出す
心の奥に眠る 夢の思い出 信じて 私のいるべき場所へ

ゆらゆらゆら 水面の月 すやすやすや ちいさな寝息
仲間の人形が来て 私に言う 「あきらめて」
私は首を横に振る 「どこかにいるはずだから」
走り出す

私が目指す場所は あなたたちのいる場所
あなたとあなたの父と母 幸せそうな笑顔
絆創膏だらけの両手 みんなの服を縫って
「もうだいじょうぶ」 とささやく

たどりついた 空っぽの家 「そんなはずない」と 忍び込む
そこにあったものは 記憶通り(?)の 埃かぶったリビング
階段を 壊れかけた足と手で登れば そこには
私とあなたがいたはずの... 子供部屋

私の目指した場所は 忘れられていた場所
写真の中微笑むあなた 今はどこにもいない
「めざめるのがおそすぎたんだ」 片手がぽろり落ちる
「あいたかったのに」 つぶやく

「またあえるよね...」 おやすみ...




小説が行き詰った感じなので、今回は作詞です! 昔のヨーロッパ?みたいな雰囲気・・・にしてみました(全然違う気が…
次回は小説書こう!と思ってるけど無理かもw  とゆーか来週ブログ書けるのか!?
                                                ・・・頑張りますww
 じゃあまた会う(?)日まで!
  
2010.06.20 Sun l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

希望という花が散っても 絆という草が枯れても
空に輝く「命」という太陽があるから 私は頑張れるよ 

毎日毎日面倒見て 大事にしていた花なのに
永遠に咲くことなく 儚く消えていった
いつもいつでも二人で 一緒に居たはずの親友が
ふと気づくともう 隣には誰も居なくて
泣きそうになって 空に手を伸ばした
私にはずっと 届くことのない the attractive world

他人(ひと)はみんな言います 悲しみがあるから 楽しみがあるのだと
でも私は 悲しみのある世界なんて 大嫌いだ・・・。

笑顔で歩くことが 「幸せ」というのなら
今作り笑いで歩いてる 「私」は 「幸せ」なのですか?
泣き叫んでることが 「絶望」というのなら
今涙こらえ歩いてる 「私」は 「絶望」してないの?
空の向こうの世界なら きっと私のことを分かってくれるんだ
だから私は歩く ・・・空を目指して。

毎日毎日様子を見て 見守っていた草なのに
永遠に育つことなく 儚く消えていった
いつもいつでも皆で 笑っていたはずの友達が
ふと気づくともう 周りには誰も居なくて
壊れそうになって 空を目指し歩く
私にもきっと 辿り着けるはず Another world

他人(ひと)はみんな言います 涙流せば 笑顔になれるのだと
でも私は 涙を流す世界なんて 大嫌いだ・・・。

皆で歩くことが 「幸せ」というのなら
今一人空へと歩いてる 「私」は 「幸せ」じゃないのね?
苦しみ消えることが 「絶望」というのなら
今別の世界へと消える 「私」は 「絶望」しているの?
空の向こうの世界なら きっと私にも素敵な居場所があるんだ
だから私は歩く ・・・空を目指して。

白黒(モノクロ)の つまらない 世界 
輝きが 曇ってる 世界
諦めの 早すぎる 世界
流れ星に 願いかけても・・・。
It understands if it doesn't fulfill.
However, I cannot help wishing.
Because I believe that I fulfill.

今生きていることが 「幸せ」というのなら
今淋しくても生きている 「私」は 「幸せ」なんだよね?
笑えず生きることが 「絶望」というのなら
今泣きながら笑っている 「私」は 「絶望」してないのね?
空の向こうの世界より きっと私にはここで生きるほうが「幸せ」なんだ
だから私は歩く ・・・道を戻って。

希望という花が散っても 絆という草が枯れても
空に輝く「命」という太陽があるから 私は頑張れるよ

「・・・アリガトウ・・・。」




皆様こんにちは、みなみです!!なんか長くなっちゃいましたwわあ時間ないのに何してんだかww
あ、あと英語にもチャレンジしていますが、文法間違ってたらすみません。
内容もなぁ・・・。続編作ろうかなあ・・・。

とりあえず、また今度ww

2009.12.06 Sun l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 君の声が聴こえた気がした 
 とおい昔に 「裏切った」私へ
 君の声は 澄んだ空のようで
 何年たった今でも 憶えていた
 
 「あの日」を私は 
 ずっと忘れない
 君を「裏切った」私を 君は
 ・・・憶えてくれているでしょうか・・・?

 二人で遊んだ ブランコにすべり台
 あの頃の景色は 今も
 残っているか分からないけど
 
 「君に会いたい・・・」

 君の声が聴こえた気がした 
 とおい昔に 「裏切った」私へ
 君の声は 薫る風のようで
 幾年たった今でも 憶えていた
 
 「あの時」に君は
 泣かなかったよね
 君を「裏切った」私は 君に
 ・・・また会うことが出来るでしょうか・・・?

 二人で話した 他愛無い言葉たち
 あの頃のように 君と
 話せるのか分からないけど
  
 「君に会いたい」
 
 君の声が聴こえた気がした 
 とおい昔に 「裏切った」私へ
 君の声は 浮かぶ雲のようで
 何年たった今でも 憶えていた
 
 君と約束したこと
 それはたったの二つ
 「ずっと親友で居ること」そして
 「ずっと一緒に居ること」
 君といた場所から 私 離れてしまった
 それに 君もいつの間にか 居なくなって しまっていたの
  
 「君に 届いて・・・。」

 君の声が聴こえた気がした 
 とおい昔に 「裏切った」私へ
 君の声が 空の彼方に響く
 幾年たった今でも 届きますか?
 
 君にまた会えるのなら 伝えたいよ そのとき君は
 許して くれる かな・・・。


 

 はい、みなみです。なんか最近、作詞ばっかやってます。あ、この歌詞は、最近思いついたやつです。ストーリー的には、親友を「裏切って」しまった私が、君の声が聴こえた気がして、心の奥にしまっていた「あの日」を思い出す、っていうのです。
 

 ではまた今度!!

2009.10.06 Tue l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた

 今日も また新しい日々が 新しい日常が 流れていくんだ
 だから その日ずっとこれから 頑張りたくて
 お腹がすくんだ

 パンかご飯か迷うし マーガリンかジャム ふりかけか納豆かも悩む
 おかずは目玉焼き? 鮭でもいいよ でも時間がない!! どうしよう ハラペコ ハラペコ

 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた

 飴かプリンか迷うし 苺味かサイダー 普通のか別のかも悩む
 他にはビスケット? 餅でもいいよ でも時間がない!! どうしよう ハラペコ ハラペコ

 今日も また新しい日々が 新しい日常が 流れていったよ
 だから その日ずっと頑張った分
 お腹がすくんだ
 
 パンかご飯か迷うし レーズンかバター ごま塩かお茶漬けかも悩む
 おかずは玉子焼き? 鯵でもいいよ でも時間がない!! どうしよう ハラペコ ハラペコ

 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた
 お腹がすいた お腹がすいた

 明日も また新しい日が流れるから
 明日もきっと お腹がすくね


 え~、本日2回目のみなみです!!この歌は、最近思いつきました。

 正直言って、授業中、3、4時間目(11:00~12:00)に思いつきました。
 あ、授業はちゃんと聞いてました。
 とりあえず、お腹がすいて、それで思いつきました。

 じゃあ、また次の記事で!!
 

2009.09.19 Sat l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。