上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々の小説です~



5、選別のペンダント                 ‐爛
「・・・ようやくきたか。呼ばれたら10分前には来いと、何度言ったらわかるのじゃ」
部屋に飛び込むようにして入ってきたあたしと美陽を、大巫女おばば様の声が出迎えた。
「すっ、すみません大巫女おばば様っ」
美陽は謝ったが、あたしは腑に落ちなかった。
「いいじゃない。時間には間に合ったんだし。細かいこと言わないで。」
「全く、お前はことごとくわしの寿命を縮めてくれるな、爛。・・・まあいい。爛、美陽」
「は、はい」
「なんですか」
何を考えてるのか全く分からない顔で、大巫女おばば様は言った。
「・・・これより、真の紅き者を選別する」
「・・・せん・・・べつ?」
「さよう」
美陽のつぶやきで、ふたりとも同じことを考えてるんだと分かった。
なに、それ。
「これまでにも、紅き眼をもつものが複数名いたことはあった」
大巫女おばば様が説明する。
「しかし、それは紅き女神のほかに、女神を補佐するものたちが人となっただけにすぎない。よって、真の救い手となる紅き女神を見分けるために、選別をするのだ」
その話は、思いのほかショックだった。いままであたしと美陽は対等だったのに、これからはどちらかが、どちらかとは違うのものになってしまうなんて…。
「・・・どうやって、選別・・・を、するんですか・・・?」
美陽はあたしよりも冷静だったらしい。その質問に、大巫女おばば様も、冷静に答えた。
「これじゃ」
大巫女おばば様は、すぐそばにあった木箱を開けた。そこから取り出したのは、・・・ペンダントの付いたネックレスだった。
「これは、『はじまりのもの』が当時の大巫女に遺したものじゃ。それが代々大巫女に受け継がれ、今、わしの手元にある」
透明に輝くそのペンダントは、まるで、今さっき作られたかのように美しくて綺麗だった。
「さて、・・・どちらから試す?」






・・・やっと続きです。どうなるんでしょうこの先ww
まあでも頑張りま~すw
スポンサーサイト
2010.07.19 Mon l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝顔が 咲いた道を 一人で歩く
苦しいほどに綺麗な青空に 手を伸ばす
手が届かない→届くわけがない どんなに背伸びしても
君のいる世界には…

だけど

ラブレターを書いた 君に宛てて
「君のことがずっとずっと好きです」と
叶うことのないこの想いは
居場所のない何かのように 机に置いた

橙色(オレンジ)に染まる道を 一人で歩く
泣きたいほどに焼きつく夕空に つい叫んだ
返らぬ木霊→返るわけがない どんなに大声でも
君の声も姿も…

だけど

ラブレターを入れた 鞄の奥
「君のことがずっとずっと好きです」を
叶うことのないこの想いは
きっとずっと伝えられない ――なのに消えない

分かってる 分かってる 分かってるよ
この恋は ずっと 片想い
君は気づいてもいないだろう
だけど
だけど
だけど――…

ラブレターを出した 君に宛てて
「君のことがずっとずっと好きです」と
宛先不明のこの手紙が
神様の奇跡でどうか 届いてほしい

ラブレターの返事 今日も来ない
「ありがとう」も「ごめんね」も 来るはずがない
それでもお願い あの手紙を
この手で破るような日が 来ませんように






・・・はい、またまた作詞です。小説は・・・ね。←書けよ
でも今回のはなんてゆーか・・・乙女だね(自分で書いたけd
どう解釈するかどうかは君次第です!!(キラーン☆

・・・言って(書いて)みたかっただけだよw
まあ、次回は小説書きたいなぁと思ってます てか頑張って書きます!
ではまた~ww
2010.07.11 Sun l 作詞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。