上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



16、旅仲間                 ‐美陽
 あれから、もう2年も経つなんて。
「ほら美陽ちゃん、あそこが蒼の里を蔽う『蒼の森』だよ。」
ハルさんが指をさしながら言う。そこには確かに、森があった。
「みよう姉、ほんとに、ほんとにいっちゃうの?」
まだ8歳の桃ちゃんが、私の服の裾を引っ張る。私は少し、泣きそうになった。
 私が里を出てから、1か月ほど歩いたころ。私は馬車の御者役の碇(いかり)さんいわく『蛇の住処』と言われるところにたどりついた。草原の中で少しだけぬかるんでいただけだったので、私はそのままそこを通り過ぎようとした。今はそれが、とてつもなく危険な行為だったことが分かる。蛇の住む場所を通るんだから。案の定、といってもその時の私はただびっくりするだけだったけれど、私は右足首を咬まれた。あまりの痛さに倒れる私に、蛇は両手首、左足首、右太腿にも咬み痕を残した。たぶんそのままでいたら、私は死んでいたと思う。でもそのとき、ハルさんたちが来てくれた。
 ハルさんの処置は的確だった。もっとも私は、すでに意識が朦朧としていたのだけれど。ハルさんたちは、世界を旅しているのだそうだ。だから、私を咬んだ蛇が持つ毒がまだ弱いものであることも、処置の方法をどうすればいいかも分かっていた。ハルさんたちは旅が遅れるのも構わず、私の手当てをしてくれた。というのも、私はそのあとほぼ半年、ほぼ全身が麻痺していたからだ。毒は取り除かれていたが、あの蛇の毒には神経をマヒさせる力があったらしく、私は頭や口、目以外、動かすことができなかった。幸い、心臓などの臓器には影響はなかった。そして半年が過ぎても、それまでの運動能力を取り戻すのにもう半年はかかった。それでもハルさんたちは、ずっとそばにいてくれた・・・。
「・・・もうすぐだな、お嬢ちゃん。」
碇さんが呟く。馬と並んで歩いていた繭はその声に少しびくっとしていた。
「寂しくなるなぁ。美陽はいいやつだしさ」
私とハルさんと桃ちゃんの後ろを歩いていた有樹(ゆうき)もそう言った。
 碇さんとハルさんと桃ちゃんと繭と有樹。それが私の今の仲間だった。だけど、もうすぐいなくなってしまう。
『本当に・・・行きたいのか?』
私が『蒼の里に行きたい』といったとき、碇さんはそう言った。私も、このままハルさんたちの傍にいたい、という思いはあった。
 だけど・・・。
『もう、泣かないでよ美陽。笑って。』
爛・・・。私と同じ、紅き眼を持つ少女・・・。
 私はなぜだか、蒼の里に行けばまた爛に会える、という気がしてならなかった。それは、今も同じ。
 爛、・・・元気?
 私は心の中でつぶやいた。





こんにちは~、みなみですっ。今回は美陽cの目線です。
・・・まだ蒼の里に着けていないようですが大変だったようです(おい
なにはともあれ、頑張って続き書きたいと思いますw 
ではまたww
スポンサーサイト
2010.09.25 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top



15、2年後                 ‐爛
あれから、もうすぐ2年たつ。
「・・・様、爛様っ!」
「・・え、あ、すみません灯(あかり)様。」
あたしの目の前にいる灯先生は、あたしたち巫女の歴史の先生だ。あたしたち、というのは、あたしと、あたしより3歳年下の茜と、あたしより2歳年上のエンジさんのことで、19歳未満の巫女の教育をすることを、1年前から大巫女おばば様の命によりすることになったのだ。ただ、今紅の里は深刻な人不足で、巫女になる素質の子がいても、親がなかなか手放さないそうだ。そのため、教育を受けているのは、去年からあたしたち3人だけだ。
「全く・・・爛様はいつもぼぉっとして・・・だから3人の中で一番ココが悪いんですよぉ。」
灯先生が、自分の頭を指さしながらおどけて言う。むっとしたけど、でもまだ灯先生はあたしの中ではいい人だ。なぜなら、あたしを、『紅き者』と言って、特別扱いしないから。
「爛様、反省してるの?灯様を困らせてばっかりじゃないの。」
「エンジ様、口調、口調!」
あたしたちはクスクス笑った。エンジさんは前のあたしと同じで、口調がくだけている。それを注意するたび、灯先生は「口調、口調!」と注意するから、いつも笑っている。
「あ、灯様、どうぞ授業を続けてください。」
そう言ったのは茜。茜は底抜けに優しい。そう、美陽みたいに。
 美陽・・・。
『・・・またいつか、二人で一緒に笑い合おうね。』
美陽、あたし、美陽も仲間になってほしかった・・・。
 2年前、あたしと同じ眼を持つ少女、美陽は、この里から追い出された。
 あたしはそれからずっと、この里から出る機会をうかがっていた。でも、無理そうだ、と気づいたのは最近のこと。あたしはようやく、大巫女おばば様のすごさに感心した。大巫女おばば様はほとんど自分ひとりだけで、里を守る『結界』を支えているのだ。
「・・・さて、爛様、今度は聞いているんでしょうね。」
「・・・は、はい。」
「じゃあ答えてもらいましょうか。この館を建てた紅き者は別名、何と言いますか?」
「・・・『はじまりのもの』です。」
「正解。」
灯先生がにこっ、と笑う。これぐらい常識なのだが、そういえばあたしはこれを、美陽から聞いて、美陽は小豆さんに聞いたんだっけ。
 美陽・・・今、どうしてる?
 あたしは心の中で、美陽に問いかけた。





こんにちはっ。紅滄が新しい章・・・というか展開?に入りました!爛は~紅ノ運命~、美陽は~滄ノ運命~です。爛、美陽の順です。カテゴリは分けておきましたが、分かりにくかったらすみません。ちなみに『運命』は『さだめ』と読んでください。
2010.09.20 Mon l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (2) トラックバック (0) l top
ほんとに重大な発表(笑)

なんと・・・



地雷に引っ掛かりましたww

いやあの、小説書こうと思ったんですよ!で、某友人Sのブログを見たんです。そしたら・・・

・・・地雷バトン的な?

多分小説明日になります・・・すみません。





★自分説明書バトン★

このバトンは地雷バトンです♪
見たあなたはやって下さい☆足跡が動かぬ証拠だよ~ん♪

※題 名を「重大発表」にする

名前:
みなみ ですっ。

年齢:
いちごです ←おい

血液:
AOです

性格:
典型的なA型と言われますが本人はそんな気してませんww
読書と物書き好きな一少女です(は
あと、よく物にぶつかるドジ野郎です(爆

髪型・髪色:
長い髪を学校では下のほうで一本、休日は上で一本
髪色は普通に黒です

怒ってるとき:
黙るような気がしないでもない
でもあまり怒らないような・・・イライラはするけd

悲しいとき:
黙る気がする(爆
でも泣くか、たぶん。

楽しいとき:
とりあえずテンションは上がるよww
大きい声を出しそうな気がするww

PC:
・・・はい?どんな機種かって言われたら知らないy

ストラップ:
あったとしてもどこにも付けずストラップの意味をなくさせてしまう
なのにかわいいのとか買ってしまう

鞄:
学校のは普通の。
あとは学校で作ったリュックサックぽいのを今でも愛用w

靴:
学校のと、あとは靴とサンダル。
最近サンダルだったせいか、足にサンダル焼けが(え

鏡:
白いにゃんこの手鏡を今でも愛用ww

ネックレ ス:
あるけどつけない。

指輪:
あるけどつけな…あ、だからうち、おしゃれじゃないのk(おい

食べ物:
貝類に茄子、ピーマン、生トマトにオクラ
でも給食だと頑張って食べるようにしています

飲み物:
麦茶かなあ・・・あとはもろもろ

お菓子:
せんべいとか甘い物とかw

スポーツ:
得意なやつも好きなやつもない(え
強いて言うなら50メートル走ww

場所:
図書室・図書館・自分の部屋

ブランドー:
・・・え?何それ?

歌手:
・・・上地?あんまり歌手知らないしなあ・・・。
あ、ボカロは駄目?駄目か?

芸能人:
個人的に上地と宇治原ww
あとはやくさんとか紳助さんとか

雑誌:
・・・ない。

タ イプ:
・・・好きになった人がタイプ
これで勘弁してください

無理な人:
陰口を言う人
本を乱雑に扱う人
なんか人のことを決めつける人

告白した回数:
そんな勇気があってもできない(泣

告 白された回数:
・・・いたずららしきものなら1,2回ある。あれ本気だったんかなぁ・・・。

年上orタメ(?w)or年下:
できることならタメ
でも基本的に歳の差はいいやと思っている

異性の好きな仕草:
仕草?えと・・・笑顔じゃ駄目?

積極的ですか?:
消極的ですww

これされたら惚れちゃ うこと:
・・・笑顔でイチコロな気がしないでもない
あとはかっこいいセリフとか?

明日地球が滅びるとしたら:
マッハで小説を完成させる ←無理
あとは・・・友達と遊ぶ!

1億円拾ったら:
本を買ったり漫画を買ったり。
家族や友達にもあげる
あとは貯金ww

好きな人と廊下ですれ違ったら:
目をそらすか平然とするよう努める
てかすれ違えない(泣

嫌いな人からメールが来たら:
返信:ああ、そう。
   じゃあちょっと用事あるからメールしないでねwごめんw
内容にもよるけど、こんな感じだと信じている

男友達に告られたら:
「・・・ありがとう、でも好きな人がいるんだ・・・
 でもずっと友達でいようね」
・・・もはや綺麗事ww



小説楽しみにしてくださっていた方、ごめんなさい!
でもバトンはやりたければやってくださいw

2010.09.19 Sun l 日記 l コメント (3) トラックバック (0) l top
一区切りがついたので、整理してみたいと思います

紅滄 0 ~同じ眼~ 
紅滄 1 ~同じ眼~
紅滄 2 ~同じ眼~
紅滄 3 ~同じ眼~
紅滄 4 ~同じ眼~
紅滄 5 ~同じ眼~
紅滄 6 ~同じ眼~
紅滄 7 ~同じ眼~
紅滄 8 ~同じ眼~
紅滄 9 ~同じ眼~
紅滄 10 ~同じ眼~
紅滄 11 ~同じ眼~
紅滄 12 ~同じ眼~
紅滄 13 ~同じ眼~
紅滄 14 ~同じ眼~


0が序章、奇数は爛、偶数は美陽の目線です。
さて、これからどうなっていくのでしょうか?私にもわかりませんw
頑張って書きたいと思います。もしかしたら途中で作詞に走るかもしれませんが(おい
これからもどうぞよろしくお願いしますっ!

2010.09.12 Sun l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (3) トラックバック (0) l top





14、一歩                 ‐美陽
 私は、一歩、踏み出した。
「・・・美陽・・・。」
私の一歩後ろで、爛の、爛らしくない声がきこえた。爛も、私とほぼ同じ気持ちなんだ。そう思うと、少しだけ安心した。
 爛だけは、私の気持ちが分かってる。
「美陽様、・・・どうか、お元気で。」
小豆様が、いつものように、しっかりとした声で言った。小豆様が泣いてる姿なんて信じられないけど、やっぱり泣いていない。小豆様は、そういう人だから。
 私はまた、一歩踏み出した。
 私は今まで、巫女館という、狭い世界で生きてきた。そしてこれから、広い世界へ出て行く。生きていく。そこには、何があるのか、わからない。私は出来るなら、狭い世界で、誰の迷惑にもならずに、生きていきたかった。小豆様に叩き起こされ、大巫女おばば様に怒られ、爛と二人で、一緒で・・・。
 だけど、もう、戻れない。
「美陽っ」
爛の声に、つい、振り返った。そこには、涙をこらえている、私と同じ眼をした少女の姿があった。
 爛・・・。
 目が合った。
「・・・美陽・・・」
爛が何を言いたいのか、言えずにいるのか、わかった気がした。
「爛・・・」
私はただそう言って、頷いた。爛も頷き返した。
 私は踵を返し、前を向く。前には、門が開いた先にある世界が見えた。
 私は、一歩踏み出し、そのまま一歩を繰り返した。
 蒼の里。そこに何が待ち受けているのか、わからない。だけど、私は絶対その場所に行く。その後何があるか分からないけれど、私は絶対に、生きる。
「美陽」
爛の声がしたけれど、今度は振り返らなかった。門の外まで、あと、もう少し・・・。
 私は一歩踏み出した。
 そこはもう、門の外、広い世界だった。
「またね・・・爛」
私は、誰にも聞こえないよう小さな声で、歩きながらそっと呟いた。
 またね、爛。約束だよ。
 私の後ろで、門がギギィ、と閉じた。







こんにちは、みなみです!更新率悪くてすみません・・・。
でも何とか一区切りつけることができました!
それに、いつの間にかカウンターが100越え!皆様のおかげです。本当にありがとうございます!
これからも爛と美陽の二人の物語を書いていきますので改めてどうぞよろしくお願いします!
・・・更新率は下がるかと思いますが(爆
2010.09.12 Sun l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (2) トラックバック (0) l top





13、守りの門                 ‐爛
 その門は、とても偉大で、恐怖を覚えた。
 荷物を積み終え、最後・・・いや、少しの別れを言うための二人だけの時間の後、巫女館を出た。あたしと美陽が生まれてすぐ来て、今まで出ることのなかった場所。そこを出て、里の中を歩き、そして今、里の東門、通称『守りの門』にいる。もちろん、里は魅力的だったけど、大巫女おばば様の命があったのか、人が一人もいなかった。それに、見る時間もなかった。早歩きをするよう言われたから。
 門には、門番が5人いた。みんな男だ。巫女館では年に1,2回、1,2人の男性しか見かけないから、こんなにいたんだと驚いた。
「大巫女おばば様の命により、東門を開け、美陽様を追放します。」
大巫女おばば様の代わりに小豆さんが言った。門番たちが頷く。でもあたしはそれに反感を持った。
 追放?そんな言い方、しないでよ・・・。
 それでもあたしは、美陽を見るだけで何も言わなかった。大巫女おばば様にも、小豆さんにも、美陽にまで、
「里ではちゃんとしているんじゃぞ。」
「里の中ではいい子でいてくださいね?」
「美陽、苛立っても、何も言わないでね。」
と、注意されていたから。
 あたしの隣・・・半歩前にいる美陽は、不安な顔をしていた。あの門を見たら、誰だってそうだろう。でも美陽は、『追放』には、何も感じなかったようだ。
『・・・なんで・・・殺さなかったんですか・・・』
美陽は、安心したのだろうか。それとも、死ぬことと同じぐらいの結論だと、思ったのだろうか。
「・・・では、準備が整いましたので、門を開けます。」
門番の一人が言った。それと同時に、きしんだ
ギギィ・・・
という音が、辺りを包みこんだ。目の前の扉が少しずつ開いた。もう夕方だから、東は暗い。暗さに目が慣れてくると、果てしなく続く草原、その先にうすく見える丘陵地帯に、もっと高い、もっとかすかな山の影・・・。
「美陽様、よくお聞きください」
小豆さんが、後ろにいる美陽――もしかしたらあたしも――を振り返りながら言った。美陽が頷くのを確認し、小豆さんは話し始めた。
「この先をまっすぐ行き、草原を抜け、丘陵を越え、山を越え・・・いくつ山があるかは存じませんが・・・越えた先に、森があり、その終わり近くにはちいさな泉があるとか。そして泉を過ぎればすぐそこに蒼の里はあるそうです。何カ月、何年かかるかはわかりませんが、少なくとも、書物にはそう書かれています。」
何年?何カ月?美陽はそんな遠いところに、一人で・・・?
「・・・分かりました。ありがとうございます、小豆様。」
あたしの動揺をよそに、美陽はいつもの口調で答えた。







こんにちは~。みなみですっ。もうすぐ一区切りになります。
・・・ここまで書けてよかった・・・(まだ早いけd
この調子で、書いていきたいです!
じゃあ、また今度ww
2010.09.05 Sun l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (0) トラックバック (0) l top





12、笑顔と約束                 ‐美陽
もうすぐ出発だ。
「美陽・・・、もうすぐだね。」
爛が隣で、、とても辛そうに言う。私もほんとのことを言えば辛い。昨日から、ずっと、ずっと。
 私が蒼の神だったこと。
 里を出なくてはいけないこと。
 そのどちらもが、同じ事実を語っていた。
(・・・爛とはもう、一緒に居れない・・・)
「・・・美陽、蒼の里に行くんでしょ?」
えっ、と私は爛の方を見た。
「・・・気づいてたの?」
「当り前でしょ。いつも、一緒だったんだから。」
私の言葉に、爛が当たり前のように言った。
 蒼の里。
 大巫女おばば様がそのことを言ったとき、私は、
(行きたい。そこへ行かなきゃ。)
と、自分でも不思議なほどにそう思った。もしかしたら、私の中・・・、私自身の蒼の神が、導こうとしているのかもしれない。
 だけど・・・。
「美陽・・・本当に、行くのね?」
「爛・・・。」
爛。私、できることならずっと、あなたの傍にいたかった。
 私たちは、物心ついた時からずっと、一緒だったから。
 お互い、違う性格だと知っていても、私たちの関係は、『同じ眼を持つ者』じゃなかった。
 私たちは、親友だった。
「爛・・・、約束しよう。」
「どんな事を?あたしは約束しなくても、美陽のこと、ずっと覚えてるよ。」
嬉しかった。爛のその言葉が、ただ嬉しかった。私も同じだったから。
「・・・またいつか、二人で一緒に笑い合おうね。」
「・・・当り前でしょ。でも・・・、約束する。あたしは、あたしたちはいつかまた、二人で一緒に笑い合う。絶対、絶対約束守る。」
「爛・・・。私も、約束する。」
何でだろう。涙が出てきた。泣かないって決めてたのに。
「もう、泣かないでよ美陽。笑って。」
爛に言われなくても、そうするつもりだった。私が笑うと同時に、爛も笑った。
 それだけで十分だった。








 こんにちは、みなみです!強いなぁ~。爛も美陽も、心が強いですよね~。
 学校の宿題くらいで憂鬱になる私と比べたr(爆
 これから多分土日・祝日くらいしか書けないと思います。まあもしかしたらできるかも?ってくらいです。
 とゆーわけで、また今度!
2010.09.04 Sat l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。