上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
26、紅き女神と滄き女神                 ‐美陽
「・・・はるかな昔、まだ神々が地上にもいたころ・・・」
湊の姉が、そう語り始めた。
「・・・この世のすべての母である、大いなる女神様が、ある日、また新たな命を生みました」
湊がすぅと息を吸った。そして、うたうように語りだした。
「大いなる母 女神の娘 同じ眼をした 双子の少女
 紅き女神と そして滄き女神
 同じ運命(さだめ)は 負えぬと知りつつ
 ただ今だけは 『誰か』と居たくて           」
「・・・紅き女神と滄き女神は、双子ながら、何もかも似ていませんでした。ただ、仲が良く、心が通い合っていました」
「同じ日に 生まれ 仲が良くても
 似ることのない二人の持つ心
 紅き女神は火と武道を好み 滄き女神は水と愛を好んだ
 それでも二人は共にあった いつの日も・・・        」
「・・・そんな日々が続くはずだったある日のこと。紅き女神が、気に入らない他の神を、殺してしまったのです」
私はつい目を見張った。
「自分より 優れ 憎みし神に
 ついに紅き女神は弓を向けた
 はなった矢は神の胸を貫き 血ですべてが赤く染まっていった
 紅き女神はただそれを見て 微笑んだ・・・             」
「・・・そのことがきっかけで、紅き女神と滄き女神は仲違いしました。そして滄き女神は、生まれ育った地と姉を後にしたのです・・・」
「生まれた地 そして 双子の姉を
 背にして滄き女神は去っていく
 どこへ行くともなくただ遠くへと 紅き女神に心を痛めながら
 紅き女神と滄き女神は 離れゆく・・・               」
私は、いつのまにか震えていた。
「・・・そうして滄き女神がたどり着いたのが、蒼き神の森でした」
「彷徨う滄き女神は 野を越え 山を越え
 蒼き神の森に たどり着いた
 蒼き神の守りし森へは たったひとつの道をたどる
 滄き女神はそして 蒼き神に出会った・・・      」
私はもう、耳をふさぎたかった。この先は、聞きたくなかった。






こんにちは、みなみですっ! ・・・或いは受験シーズンを迎えた高校受験生です・・・。
なんかもう気分が下降気味w まぁ・・・大丈夫です!たぶん!
でももしかしたらブログ放置状態になるかもです
・・・まあ、分かりませんが。 成績的には大丈夫な気がするけどミスったりしそうですし
スポンサーサイト
2010.11.27 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
25、外れた的、当たった的                 ‐爛
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
 小豆さんがまた貫通させた。それにしても、小豆さんが焦りすぎてる。何だか・・・、いつもと違う気がする。でも、そんなこと気にしてる場合じゃない。あと5本で勝てる。落ち着かなきゃ。
 ビュンッ! ・・・カッ!
「あ・・・」
茜の声。あたしはつい、力が抜けそうになった。
 あたしの矢が、5cm以内に当たっていなかった。
「これで互角ですね」
あたしは、小豆さんがそう言いながら笑みを浮かべているのを感じた。いつもと変わらない、あの笑顔。
 ・・・焦っちゃ駄目。あと4本。それさえ失敗しなければ勝てる。
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
 また的の中央に貫通した。小豆さん、すごすぎる。でもまだ焦っているようだ。たぶん、小豆さんも限界で、早く終わらせようとしているんだ。さっきみたいな失敗をしないために・・・。
 あたしは矢を番え、弓を構えた。目の前には、的がある。今度はちゃんと当てないと・・・。
 ビュンッ! ・・・カッ!
「あ・・・」
「爛様っ」
茜とエンジさんの声がする。それでもあたしは状況がうまく飲み込めなかった。
 ・・・また、5cm以内に当たってない。
「どうしたのですか?爛様」
小豆さんの声が、頭に響く。
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
 矢が、的に当たる音がする。きっとまた的中央だ。・・・案の定、小豆さんの矢はまた、そこに貫通していた。ああ、あたしの番だ。あたしは矢を番える。今度こそ5cm以内に当てなきゃ。当てなきゃ・・・。
「・・・っ、爛様っ!落ち着いて!!」
はっ、と声がした方を見た。声の主は・・・やっぱり。茜だ。茜は真っ赤な顔で、あたしを見ていた。
 ・・・あ。
「邪魔をしてはいけませんよ、茜様」
小豆さんの言葉に、茜は素直にうなずいた。あたしは心の中で「ありがと」と呟いてから、また的を見た。
 茜のおかげで気付いた。これは全て・・・、小豆さんの策略だったんだ。
 一度、呼吸を整えてから、弓を構える。そして・・・、矢を放つ!
 ビュンッ!! ・・・カッ!
 あたしの28本目の矢は、的の中央に当たっていた。





こんにちは、みなみですっ。思ったより対決が長引いていますw まあ特に影響はない・・・と思うんですが。
そういえば、今週にあったテストでは消しゴム落としませんでしたよ!!(笑)
ただまあ・・・、結果が出ていないんでどういうミスをしたのか分かりませんが(ミスしてる前提)また数学は空欄が多いです(おい
国語・・・今度は漢字ミス無いといいなぁ・・・(遠い目
2010.11.20 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
24、あお                 ‐美陽
 その人がペンダントをどこからか持ってくるまでに、時間はかからなかった。もっとも、時間がかかったのかもしれないけれど、私はあのペンダントのことを考えていて、全く気付かなかった。
 ペンダント。『選別』のペンダント。
 爛と私を、離れ離れにさせたもの・・・。
「・・・さあ、手にとって」
湊の姉の声がした。見ると、湊の姉が私に、ペンダントを差し出していた。・・・そのペンダントは、あのペンダントと、そっくり同じ形をしていた。
 怖い・・・。私は震える手を握り締めた。
 あのときに戻ったような感覚。少しだけ頭が真っ白になった、言葉にできない衝撃と安堵感。その全てがよみがえる。
「・・・怖がらないで。大丈夫。」
はっ、と湊の姉の顔を見る。その顔は、とても、優しかった。
 ゆっくりと、ペンダントを手に取る。
ピカァ・・・ッッ!!
「・・・あ・・・」
湊が呟く。湊は、自分が蒼き者じゃないって分かって、驚いたのかな・・・?でも、淡い蒼で輝くペンダントに釘付けになっている二人は、驚いてるって言うより・・・確信してる?
「・・・やはり、そうでしたか・・・」
湊の姉はそう言って、私の手からペンダントを取った。とたんに光が消える。
「さて・・・。とりあえず、貴方は思い違いをしているわ」
「えっ」
全身の力が抜ける。どういうこと・・・?そして湊の姉は、驚くべき言葉を言った。
「・・・貴方は、蒼き神ではなく、滄き女神よ」
「・・・はい?」
言葉の意味が、よく飲み込めない。あおき・・・めがみ?
「・・・さっき貴方がペンダントから発した光、あれは蒼き神の蒼じゃない。滄き女神の滄なの」
訳が分からない。私がそう思ってることに気付いたのか、湊が助け船を出してくれた。
「僕、蒼き神の『蒼』は、葉っぱの色に近い青。君・・・滄き女神の『滄』は、水の色に近い青。まあ、紅の里は遠いし、学校もないなら知らなかったよね。」
滄き女神の滄は、水の色に近い青・・・。つまり私は、紅き女神と敵対する蒼き神じゃなくて・・・。
「・・・じゃあ貴方に、この地方に伝わる詩を聴かせましょう。私と湊の二人でね。」
湊の姉は、そう言って笑った。







こんにちはっ、みなみです!なんて言うか・・・気分的に悲しいです(え
なんていうか・・・このシーンすごい大切なのに・・・重要なのに・・・上手く書けなかった気がして(泣
それに来週もテストで。再来週もテストで。勉強そんなにしてなくて(おい
まあ、ね。頑張ります。はい。


コメント返信>
Aspecchi様>
 あはは・・・。いえ、見直しはしたつもりだったんですが、時間がないっ!って思って見直さずに書いたかもです。(おい
ああ・・・その手が・・・。でも私のシャーペン、小学5,6年の時から使っていて、すでに消しゴムが使えないぐらいに擦り減ってます。しかも外せませんww
 次回は消しゴムを落とさないようもっと努力して頑張りたいです・・・と思ってますが分かりません

kanayano様>
ありがとうございます~!
ですよね。次間違えなければ!・・・って言って間違えたらカッコ悪いですけどねw

緊迫しすぎて書いてる私も爛並みにドキドキです・・・。
もう小豆さんはすごいという領域を超えている気がする今日この頃です。爛も頑張ってますが、疲れてますしね・・・。この対決はどうなるんでしょう・・・。
2010.11.13 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
23、焦り                 ‐爛
 ビュンッ! ・・・カッ!
「・・・どっちもすげぇな・・・。」
エンジさんと茜が見守る中、試合は終盤に入っていた。
 今ので20本目。あと10本。
「・・・さすがです、爛様」
小豆さんはそう言って弓を構えた。あたしに言わせれば小豆さんの方がさすがだ。的に貫通する勢いの矢を、しかも必ず的中央に当たるものを、少しの衰えも疲れも見せずに19本も放ってるんだから。いくら生まれつき力が強かったとしても、なんの鍛練もなければここまでにはならない。つまり、小豆さんも今まで、あたしに出している鍛練内容並みに鍛えてたってことだ。
 ・・・でも、なんで?
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
「あっ」
茜の声にはっとした。そして、あたしも「えっ」と呟いた。
 小豆さんの矢は、的中央から外れていた。それどころか・・・5cm以内に当たってない。
「あら・・・逸れてしまいましたね」
小豆さんはいつもと変わらずにそう言って、的を交換した。でも、内心焦っているはずだ。あたしは少しほっとした。これで、一本だけなら外れても大丈夫だ。でもまだ油断はならない。小豆さんはまだ、的を貫通できるほどの力を持ってる。
 あたしは黙って弓に矢を番えた。両腕が疲れてきている。そういえば、この試合の前に70本矢を放ち、的を射た。・・・小豆さん、ちょっとせこいな。
 ビュンッ! ・・・カッ!
 あたしの21本目の矢は、的中央から3センチほど上に刺さった。あたしはふぅ、と息を吐く。小豆さんの方を見ると、もう弓を構えていた。
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
 的中央に貫通。さっき外したのが嘘みたいだ。立ち直りが早いっていっても、一本ぐらいはちょっと狙いが外れるものなんじゃないの?そう思いながら、矢を番え、弓を構える。
 ビュンッ! ・・・カッ!
 的中央から3センチ右斜め下。よし、このままならいける。
 ビュインッッ!! ・・・ガッ!
 音が響く。小豆さんの矢は、また的中央に貫通。休む暇もないな・・・、とあたしは矢を番える。小豆さん、焦っているにしても、早くしすぎじゃない?
 ビュンッ! ・・・カッ!
 あたしの23本目の矢は、的中央から4センチ右に逸れていた。






こんにちは、みなみですっ。やっぱり数学苦手だ~というみなみですっ。
・・・テスト、ね。返ってきましたよ。数学の点数がそんなに変わりませんよ、前回と。空欄は少ない気がするけど計算ミスが多いよ。
何より・・・国語のテストで漢字ミスったのが心残りです・・・。
しかも、いつもミスしない漢字で・・・。
・・・よし、次回頑張ろう!! ←切り替え早
という訳で小説も勉強も頑張りますっ!!
2010.11.06 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (2) トラックバック (0) l top
なんでこんな気分なのか、というと。(どうでもいい人は青字まで飛んでください

今日は、PCやる予定はなかったんです。勉強しようと思ってたんです。
午前中だらだらしちゃったから、午後勉強しようと思ったんです。
・・・でもいざしようと思ったらする気失せて(爆
「・・・よ、よし、PCで気分転換してからにしよう!」
これが間違ってたんですね。まあ、それでも更新する気は無く、皆様方のブログを見れば回復するかなって思って、友人Sのブログ(リンクにそれらしきものがあるよ☆)を見たんです。
そしたら・・・。


ば、バトンだとっっ!!?
なんてこった!!またやらかしやがったな友人S!!てか回すな!!

ってことで今日は小説ではなくバトンです。






【ルール】
・回した人に伝える事
・五日以内に回す事
・回した人はその人が回しているかチェックする事!
・これから(も)友達、親友になりたい人に!
・無視スルーしちゃ駄目


【回す人】
・やる気になった方はやってください。あくまで地雷じゃないよww

【回す方に一言・・・】
 5日以内じゃなくてもいいですよww
 あと、やる気になってくださりありがとうございます!!


1.短髪?長髪?
長いよ。かなり長いよww
でも一時期よりは短い(と思っている

2.背は小さい?大きい?
小さいww 成長期のはずなのに成長が止まったっぽいww

3.何でも頼れる方?頼れない方?
頼れない。(・・・と思ってるのは私だけのようです

4.積極的な方?恥ずかしがりやな方?
恥ずかしがり屋だよ☆
・・・うん。むしろ異常なほどの消極的だよ。

5.(目が悪いとしたら)メガネ?コンタクト?
メガネ。コンタクトは怖いですww
なんて言うか・・・はめるときに目をつぶしてしまいそう・・・(おい
 
6.(一緒に居る時は)ずっと盛り上がりっぱなし?落ち着いてまったり?
その人によります。
仲良い人だったら上がれば上がる。ただ元のテンションが低いのでそんなでもない。(と言われた

7.デートするなら遊園地?ショッピング?
どっちかって言えば遊園地。ジェットコースター抜きで
でもなんか・・・公園でふたりで歩きたい(///
吹いたやつは負け

8.髪はクセ毛?ストレート?
ストレート・・・だと思う。うん。
でもちょっとくるくるしてるなぁ・・・。

9.優しい?近づき難い?
優しいって言われるけど、よく本を読んでるから多分近づき難いよ。
まあ話しかけてきたら(きっと)返しますww

10.天使?悪魔?
気分で変わる気がするよ!
最近は悪魔な気がすr(え

11.髪の色は茶色?黒色?
黒髪です。でも最近は枝毛があって多少茶色に見えるかも(爆

12.香水はつける?つけない?
つけない。おそらくこれからもつけない。

13.(どっちかというなら)ヲタク?ヤンキー?
・・・あえてどっちも拒否
嘘嘘!まあ・・・ヲタク。

14. (名前を呼ばれるとしたら)あだな?呼び捨て?ちゃん付け?
仲がいい人の大体は名字呼び捨て。その次がちゃん付け。
でもあだ名がある時はあだなもいる。

15.性格は真面目?バカ?
本人は中間のつもりだが、周りから真面目だといわれる人です。
バカだよ!自分のズボンの裾に引っ掛かって転びそうになったことだってあるよ!!

16.不器用?几帳面?
不器用。主観的にも客観的にも不器用。
日記とか毎日付けられないし、いまだにリボン結びが苦手ww(い、いや、一応結べるけd

17.眉は細い?太い?
多分太い。太い方だと思う。あんま気にしたことがない。

18.連絡を取るとしたら電話?メール?
電話。メールはあまりしないし。

19.エロイ?普通?興味ない?
興味ないよ。

20.痩せ気味?ぽっちゃり?
標準体型。うん。

21.子供っぽい?大人っぽい?
分かりませんww
多分学校だと大人。家だと子供。

22.好みのタイプは年上?年下?同い年?
同い年がいいかなぁー。年上でもいいけd
年下だと頼れなくなる!(爆

23.貴方が恋人にバレンタインデーにあげるなら?
チョコチョコ!!王道のチョッコレート!
でも一番あげたい人にあげれないぜ!

24.遠距離恋愛できる?できない?
できる・・・と思う。うん。
あっ、遠距離片思いならしてるじゃんっ!!

25.束縛されたい?されたくない?
されたくない。

26.好きな人と一緒にご飯ならファーストフード?高級料理店?
どっちかって言えばファーストフード。

27.(どっちかというなら)王子様系?(お嬢様系?)お笑い芸人系?
・・・自分がってことだよね、うん。
でもどっちにも当てはまらないww

28.「好き」と「可愛い」と「面白い」言われて嬉しいのは?
ある特定の人物からだったら「好き」 友人Sを含む3名だったら「面白い」





あっ、今度からコメント返信は記事の最後ですることにしました!ご了承ください!

コメント返信>
Aspecchi様>
 ありがとうございますっ!!
 そうですよね・・・。でも大丈夫です!!数学はいつもそんな感じですから!!(おい
 これからも精一杯頑張ります!!

kanayano様>
 湊ですか~。安心してください!一応主要人物なんでたくさん出ると思いますよ!!
 はい。蒼の里に到着して一安心です~。でもこれからが大変なんですけどね(笑)
 そこんところはこれからですね。楽しみを損ねないよう頑張りますっ。
 
 テストはまだまだあるんですよね・・・。
 証明は・・・解説があれば分かります(おい
 
 ありがとうございます!!これからも頑張りますww

藤沢澪様>
 ありがとうございますっ!!
 おおww 読破ですかww 
 私は空欄は嫌いなのでいつも何かしら書くように心がけてるんですが・・・数学の「計算も書け」みたいな問題は書けません・・・。nとかnとかnとか・・・。
 ありがとうございますっ。あと数回頑張ります!
 


 
2010.11.03 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。