上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
38、一枚の絵                 ‐翠・美陽
 『学校』は、想像以上にすごい所だった。
 藺草と忍に連れられ、私は学校内を見て回っていた。何個もある『教室』、図書室に音楽室、調理室、それにとても広い『室内運動場』。室内運動場を見て、私は紅の里の、巫女館にある謎の建物を思い出した。よく爛と二人で推測し合ってたけど、もしかしたら室内運動場だったのかもしれない。
「・・・翠ちゃん、学校内は基本入らないからこれぐらいでいい?外も案内しないといけないから。」
突然の藺草の声に、美術室で絵に見とれていた私は慌てて「は、はい」と答えた。じゃあ行くよ、という藺草の声に、私はちらっと後ろを見る。
「湊、行くって。」
湊はさっきから一枚の絵をじっと見つめていたが、私の声を聴いてやっと目をそらした。そしてかすかに頷いて歩き出す。私はそれを確認してから、藺草たちの後を追った。でも追うまでもなく、部屋の外に忍が立っていた。
「・・・こっち」
忍はそれだけ言うと、踵を返して歩きだした。私と湊もついていく。しばらく歩くと、藺草が待っていた。
「遅いよ二人とも。何してたの?まぁ、あの部屋の絵は綺麗なのばっかりだから気持ちは分かるけど」
ごめんなさい、と私が謝る前に、湊がぽつりと呟いた。
「・・・ごめん。あの絵、見てた」
「・・・そっか。そうよね、あたしこそごめん。これじゃあひやまと同じね。・・・ま、気を取り直して、校庭を一周しましょ。この通り、何にも無いような場所だから案内しようもないわ。その後に『池』と『小川』を案内するわね。」
藺草はそう言い、歩き出した。忍も藺草の影のようについていく。私も歩きだしたけれど、どうしてもさっきの会話の意味が分からなかった。湊が見ていた絵、藺草の急変した態度・・・。
「・・・あ」
藺草が急に立ち止ったので、私は忍にぶつかりそうになった。
「・・・どうしたの?藺草。」
「あぁ・・・翠ちゃん、遊び相手はね、あたしたちだけじゃないの。もう一人いて、協力的ではないんだけど最低なやつではないわ。でもあたし、どうも苦手で・・・」
藺草の言葉に少し前の方を見ると、木の傍に人らしき姿が見えた。灰色のマントのような服を着ているせいか、ぼんやりとしか見えない。
「あいつ、まだいたのか・・・。僕も苦手だ」
「湊くんも?まぁ、無口でいつも難しそうな本ばっか読んでるから、苦手なやつなんていないと思ってたけどね。あたし学校時代、てっきり教える先生になるもんだと思ってたわ。・・・ってあれ、翠ちゃん?」
藺草の声に、私は笑って答えた。
「私、話してきます。初めて会うから」
藺草はため息をついて、「いってらっしゃい」と言った。何だか、呆れているような顔だ。
 私は三人の元から、灰色のマントの人の方へと歩き出した。







こんにちは、みなみですっ!更新率低くてすみません・・・<(_ _)>
部活や中間テストとかで忙しくて・・・。
だからこれからも更新遅いと思います(泣)すみません(-_-;)
ちなみに今回一番苦労したのは題名です←
全然思いつかなくて←←
どうでもいいですねすみません
まぁ、また今度!頑張って更新できるよう努めます!(勉強もね☆)

コメント返信>
kanayano様>
 あっ、ありがとうございます!!自分ではそんな気がしないだけに嬉しいです(おい
 ちなみに私個人としては、爛は上達したどころじゃないと思ってます(笑)
 新生活には慣れてきました。部活も楽しいし最初のテストも乗り切れたと思います。でも革靴には慣れなくて靴ずれが(^_^;)
 いえいえ大丈夫ですっ。全然高校生になるオーラ出してなかった私が悪いんです←
 期待にお応えできるかは分かりませんが、一生懸命続き書いていきたいと思いますっ!
スポンサーサイト
2011.05.29 Sun l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
37、道の里                 ‐爛
 鳶によると、道の里は、別名『開かれた里』として有名だそうだ。
 あたしはその道の里を遠目に見ながら、紅の里との違いに驚いていた。まず、門も囲いも無い。あたしはまだ2回ぐらいしか里を見たことが無いとはいえ、里の周りに囲いがあることぐらい気づいていた。門と囲いは同じ高さ。だけどこの道の里では、そんなものどこにも見当たらない。・・・だけど、地図に書いてあったことが本当ならば、大丈夫だ。そんなこと支障にはならない。また、支障になるどころかむしろありがたいことは、とてもにぎわっていることだ。道の里は骨格が十字路で、その中央に『里長の塔』と呼ばれる円形の建物があった。十字路の周りに家が立ち並び、細かい道を造っていた。そしてその家々は上から見ると円形になるように配置されていた。だからか、十字路に面した家は店として営業しており、とても多くの人が十字路で笑い合い、話し合っていた。あたしは一瞬、何かを思い出したような気がしたが、ただの気のせいだ、と自分を叱った。あたしは仲間たちを守り、そして道の里を滅ぼすためにいるのだ。あたしがしっかりしていないでどうする。あたしは気を取り直し、道の里を観察した。
 あたしが今いるのは、道の里の北西あたりの木々の影だった。作戦上、あたしはここにいなければならなかった。なにしろあたしは紅き者だから眼で怪しまれる可能性があるし、それに八人の中で2番目に弓術がうまいということもあった。事前に軽くそれぞれの武術で対決してみたところ、弓術はあたしと鳶、次に灯さん、次に茜だった。本当に鳶は凄かった。年が上だし、男だし、経験が違う・・・とか言ってるのが馬鹿らしくなるぐらい。もしかしたら、小豆さんのように的を貫通できるかもしれない。その実力を買い、鳶は南東にいる。なぜなら南には川の里、東には蒼の里があるからだ。応援は困る。それから南西には灯さん、北東には茜がいる。北に続く十字路の道の傍にはエンジさんがいたし、その反対側には桜実がいるはずだ。この二人は弓術ではなく、剣術、特に真剣剣術の腕を買った。
 あたしはちらっ、っと西の方角を見た。灯さんは隠れるのがうまいのか、どこにいるのか分からない。が・・・、あたしは里に視線を戻した。この作戦に欠陥があるとすれば、それは西と東に続く十字路に誰もいないことだ。一応、あたしたちが弓矢で射ることになってはいるものの、一抹の不安がよぎる。それにもうひとつ、里長の塔が思っていたより高かったことがある。もしあそこから狙われたら・・・?
 ふいに、ざあっと風が吹いた。
『爛様、よくこんな計画思いついたな。これはいけるぜ。』
『さすが爛様です。先生として鼻が高いですけどぉ、帰ったら補習なのは忘れないでくださいねぇ?』
『成程・・・これは良いと我は思う。』
『俺は賛成。これなら一人も傷つかずに里に帰れるって。俺が保証する。』
『馬鹿な爛様にしてはいいんじゃない?ウチは爛様のこの計画を全力で遂行するわ。』
『・・・僕はこれで構わないよ。』
『爛様・・・私には計画の良し悪しは分かりません。ですが、大丈夫だと思います。皆さんがいますから。』
鳶、灯さん、朱鷺、桜実、エンジさん、赤目、茜。あたしには、・・・仲間がいる。
 突然、十字路の中心付近から煙が上がった。あれは合図だ。あたしは隠れ場所から出て、よく燃える蝋燭草を括りつけた矢に火打ち石で火を付け、急いで矢を番えた。火がだんだんと大きくなる。
 あたしは、道の里めがけて矢を放った。







こんにちはみなみですっ!前回もう一個バトンがあったのでもう一個更新する予定だったんですが時間が無くて(泣
なので言い損ねてましたが、カウンター400回超えました\(^o^)/
ひとえに皆様のおかげです。本当にありがとうございますっ!!
絵とかそういうの上手くないんで、お礼と言ったらこれから頑張ってさらに良い文章を、小説を、物語を書くことぐらいしかできないんですけどね←←
あと勉強頑張るとか←←
まぁ・・・また次回!あ、バトンは時間がある時(か行き詰った時)にやりますね(^_^;)




コメント返信>
aspecchi様>
 そうなんですか(・。・;
 私はいつもいつもバトンを回してくる友人Sが、「面白そうなバトンがあったから元を探してきました」的なことを言ってたのでその通りで大丈夫だと思って書きました。でも最後の『守らなくてОKです』は多分友人が付け足したんだと思います。私はそのままくっつけときましたが。←
 いえいえっ。思いがけずお役にたてて嬉しいです(^^)
 でも確かに後の人のことを考えると質問は分かりやすくした方がいいと私も思います。
2011.05.15 Sun l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
バトンが回ってきましたwwwww
地雷じゃないので避難しなくても大丈夫ですww
それに特にまわしてる人もいないので←←
まわしてくださるとありがたいです(^_^.)










~ルール~
指定された方は必ずやってください。お友達バトンなので。
誰に渡すか10人決めてください。

題名を「スペシャル●●ルールでいくぞ」などにする「●●は自分の名前」

こぴぺで頑張ってね(´-ω-`)

*●*:;;;:*●*:;;;:*●*:;;;:*●*:;;;:*●*:;;;:*●*:;;;:*●*:;;;:*●*

まわす人ッ

①なんか
②10人も友達いない気がするので
③できれば
④コミュの
⑤素敵な方々や
⑥見てくださった
⑦方々で
⑧やってもいい人が
⑨いましたら
⑩受け取ってください



▼10人の共通点は?
 人間でs←

▼10人のいいところは?
 コミュの方々はみんな優しくていい人ですww
 しかも私より素敵な小説が書けますww
 見てくださってる方々も良い人だと思ってます(^-^)

▼10人との出会いは?
 コミュでーすww
 あとはこのブログでしょうか(・。・;
 
▼この10人と今後どうしていきたい?
 これからも仲良くしていきたいですっ。

▼10人は自分のことどう思ってる?
 ・・・分かりません(-_-;)
 夢見がちな少女とか?←←

▼10人と喧嘩したことある?
 ないです。

▼10人は一生の友達?
 そうでありたいです。
 でもむしろ先輩な気がします←


ここは送り主への●●なので、みんなやってね!←
▼送り主[このバトンを回した人]の第一印象は?
 おとなしそうだなぁ(今は全然思っていません

▼送り主を色であらわすと?
 全力で水色。それか青。

▼送り主とはどういう関係?
 リア友です☆


▼ステータス
[職業]
 高校生です

[装備]
 (学校では)制服、メモ帳、メガネ、・・・etc

[性格]
 優柔不断。ドジ或いはマヌケ。

[口癖]
 無い気がする←

[ペット]
 うちには生息していません

[靴のサイズ]
 あえて黙秘権を発動します←

▼好きなこと
[色]
 緑と橙。

[番号]
 21、8、6の順に好きw

[飲み物]
 麦茶。

[本]
 物語(でホラーじゃない)ならなんでも好きだよ☆

[花]
 向日葵、たんぽぽ、さくら、つつじ・・・とか

▼質問
[髪の毛巻いてる?]
 まっすぐです

[ピアス開けてる?]
 開けないつもりです

[お酒飲む?]
 未成年です

[ジェットコースター好き?]
 一度も乗る勇気がありませんでした

[どこに引っ越しできたらな~って思う?]
 引っ越しは嫌だなぁ(-_-;)

[掃除好き?]
 時々楽しくなりますw

[丸字?どんな筆記?]
 分かりません←

[ウェブカメラ持ってる?]
無いと思います

[運転の仕方知ってる?]
 未成年です

[コンピューターから離れられる?]
 ・・・たぶん(・。・;

[嘘ついたことある?]
 結構あります

[誰かを愛したことある?]
 ・・・二次元なら(爆

[友達とキスしたことある?]
 ・・・ほっぺなら

[何かを盗んだことある?]
 無い・・・です。

[拳銃を手にしたことある?]
 おもちゃならあった気が

▼今現在
[今着てる服]
 ダサい私服です←

[今のにおい]
 いつもと変わらぬにおいでs

[今の髪型]
 後ろで一つに縛ってます

[今やりたいこと]
 異世界に行きたい←
 
 それが無理なら二次元に(爆

[今聞いているCD]
 特に無し

[最近読んだ本]
 フェンネル大陸 偽王伝シリーズ 作 高里椎奈
 ぼくらシリーズ 作 宗田理
 アルテミス・ファウルシリーズ 作 オーエン・コルファー
 永遠の出口 作 森絵都

 どれも素敵ですが個人的に相原とアルテミスが神です←
[一番最近見た映画]
 アリエッティの後何も見てない気がする←

[一番最後に食べたもの]
 ハンバーガー。

[一番最後に電話で話した人]
 ・・・友人Tかな

[ドラッグを使ったことは?]
 ありません

[惑星ゼーベスにも人類がいると思う?]
 (・。・)

[初恋覚えてる?]
 ああ・・・うん

[まだ好き?]
 どこにいるんだろうね(遠い目

[新聞読む?]
 テレビ欄と四コマ漫画と文化欄(時々)は読みます。

[ゲイやレズの友達いる?]
 いないです

[奇跡を信じる?]
 信じていなきゃ今の私はいません←

[成績良い?]
 良いらしい

[帽子被る?]
 似合わないので自重←

[自己嫌悪する?]
 しない日が無いぐらい

[何か集めてる?]
 無いです

[身近に感じられる友達いる?]
 います!

[自分の字好き?]
 かろうじて

[一目惚れって信じる?]
 たぶんw

[ビビビ!を感じる?]
 私のレーダーは今のところ感知しておりませんww

▼自分のこと
[よく物思いにふける?]
 大抵ふけってます

[自分は性格悪い?]
 少し自己中な気が←

[よくしゃべる?]
 家では。友達とは。

[疲れた?]
 だいぶ(おい

▼回された方は3日以内に回答すること。 ←守らなくてOKです
▼嘘偽りなく答えること。 ←守らなくてOKです
▼アンカー禁止。
▼回した人は回された方がルールを守っているか確認に回ること。 ←守らなくてOKです
▼守っていない場合は罰ゲームを考えてやらせること。 ←守らなくてOKです
▼罰ゲーム
。。。。。。。。。。。。。。。
2011.05.07 Sat l 日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
36、学校                 ‐翠・美陽
「・・・翠、あれが学校だよ。」
湊の言葉に、私はだんだん近づく建物をまじまじと見つめた。
 今は夕方だった。学校は朝から始まって夕方近くに終わるから、子供たちは夕方から遊ぶのが一般的なんだそうだ。学校は巫女館より少し小さかったけど、台所も浴室も儀式堂も無いと考えると大きい気がする。それに、学校の前に広がる『校庭』も広かった。校庭は草原のように緑一色だったけれど、木や大きな石などは柵の囲いに近い端の方にしかなかった。
「・・・すごいね、学校って。」
「そうかな。まあ確かに小さい子たちが駆け回るにはいい広さだけど」
え?と私が首をひねったとき、後ろから声がした。
「あっ、蒼眼(あおめ)じゃんかよ。うわー何でこいついるの?」
振り返ると、そこには三人の少年がいた。一人はとても背が高くて、一人はとても小さくて、一人は何かをむしゃむしゃと食べていた。隣で、湊がビクッとしたのが伝わった。
「・・・ひっ、久しぶりだね。柊(ひいらぎ)も柳(やなぎ)も松(まつ)も、元気そうで何よりだ。」
「お前もなぁ、蒼眼!よくここに来れたもんだ。・・・ん?その子・・・眼が紅いな」
背の高い子の言葉で、三人が一斉に私の方を向いた。怖い。瞬時にそう思った。誰か私を守って・・・。
「紅い眼・・・ってことは紅き女神じゃんっ!!やべぇ殺されるっ!」
「・・・違う。私は翠。紅き女神じゃない。」
怖かった。だけど、私は翠だから、美陽じゃないから、私は翠として、前を向かなきゃいけない。もう、誰かに頼っちゃいけない。勇気を振り絞って、私はそう言った。
「翠ぃ?聞いたことねぇ名前じゃねーか。部外者はどっか行けよ、あぁ?」
違う、と言いかけたとき、また後ろから声がした。
「部外者はそっちでしょ、ひやま。確か、あれからあなた達には許可は下りて無いはず。・・・出てって。」
振り返ると、そこには二人の少女がいた。一人は金色の髪で、腕を組んで柵にもたれかかっていて、もう一人は紫黒の髪で、こっちに向けて指を指している。その指を指している方が、また言葉を発した。
「・・・出てって三人とも。邪魔なの。」
ひぇぇ、という声とともに走り去る音がした。恐る恐る後ろを見ると、三人の姿は無かった。
「・・・大丈夫だった?えっと・・・翠ちゃん、だっけ?あと湊くんも」
指を指していた子の言葉に、私はうん、と頷いた。湊も黙って頷いた。
「ごめんね、あいつら人にちょっかい出すの好きでさぁ・・・。ああ、あたしは藺草(いぐさ)。で・・・」
「・・・わっちは忍(しのぶ)。以後、お見知りおきを。」
忍がわずかに頭を下げたのを見て、私も慌てて頭を下げた。
「翠ちゃん、私たちは学校遊び相手委員会の57代目会長と副会長なの。だから分からないことがあったら何でも聞いて。あと、またひやま・・・柊と柳と松のことだけど・・・がいたら言ってね。とっちめるから。・・・じゃあ、早速学校でも案内しようか?」
私は嬉しくて、頷くことしかできなかった。






こんにちはみなみですっ!GWに一度も更新できなかったです(泣
暇な時もあったのですがどうも小説書けなくて←
しかもまた登場人物が増えました。一気に増えるとなんか特徴つかみ損ないそうです(・_・;)
そう言えばこの間体力テストがあったのですが50m走久々に本気で走ったら翌日筋肉痛になりました(-_-;)
やっぱり普段文化部の人が頑張るもんじゃないですね←
あっ、あと今日はもう一、二度更新しなければなりません。友人Sから2個ぐらいバトンが回ってたので怒られちゃうんです(^_^;)
小説はまた今度☆
2011.05.07 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。