上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
59、魔の山                 ‐爛
「……なんだか、不気味ね。」
あたしの言葉に、赤目が黙って頷いた。足の速度は変えていないはずだから、鼓動が速くなった気がするのは気のせいだろう。
 魔の山は、不思議なほどに音がしなかった。人がいないというのもあるだろうけど、周りに生えているねじ曲がった木々も、草がほとんど生えていない岩ばかりの地面も、時々感じるわずかな風も、普通ならかすかでも音を立てるのに、ここでは全く聞こえない。自分たちの足音だけが、やけに大きく響いていた。これでは、奇襲をするつもりなのに、逆に敵に見つかってしまう。
 不安なことは、もう一つある。それは、隠れる場所が少ないことだ。もうだいぶ来たのに、廃屋もないし、奇妙な木々は生えているといってもまばらだし、茂みもあまり見かけない。その上、川も流れていない。この魔の山に住む人々は、食料や水を、他の山からもらっているのだろうか?いくら罪人だとしても、それはいろいろと不便ではないだろうか。それとも……。
「……爛様、どうする?」
赤目の言葉に、あたしは速度を緩め、改めて考える。もちろん赤目が言っているのは、どう隠れるか、ということだ。この隠れ場所の無い魔の山が、反対側も同じだとすると、他の山からあたしたちの姿が見える可能性がある。たとえみんなが戦い、かつ注意を逸らしてくれているとしても。
 それでも、あたしは前に進まなきゃ。
「とりあえず、予定通りに行って考えよう。ここであれこれ考えていても仕方ない。」
赤目が黙って頷いたので、あたしはまた、足を速めた。
「……爛様」
「なに?」
辺りを警戒しながら、あたしは聞いた。本当は、話なんかしている場合じゃない。だけど、それは赤目にも分かっているはずだし、いつも寡黙な赤目が話すのは、誰にとっても大切な話の時だけだから。敵に見つかってしまっても、それでも赤目の話を聞きたかった。
「……信じていたことって、どうしてこんなに、脆いんだろう。」
「……信じていたこと?」
あたしが聞き返すと、赤目は頷く。
「自然も、里も、自分も、人も、人の心も、絶対に変わらないって思っていたものは、いつのまにか、或いは唐突に、変わっていく。……爛様は、どう思う?」
あたしはてっきり、この山の里を滅ぼす作戦についての話だと思っていたから、そんなことどうでも良かった。だけど、心のどこかで、何かが叫んでいた。
「『変わっていたとしても、受け入れて、また信じる。』」
言ってから、心のどこかの叫びをそのまま言っていたことに気付いた。ごまかそうとした時、赤目が立ち止まった。あたしもあわてて立ち止る。よく見ると、前方は、もう頂上だった。
「……僕が見てくる。」
そう言った赤目の背を、あたしは黙って見ていた。







こんにちは、みなみです!もう6月23日だと……!?←←
迷路から抜け出たはずなのにまだ迷ってたみたいです(^_^;)
まぁ、部活やらなんやらもあったんですけどね。
とりあえず、更新遅れてすみません<(_ _)>
そして、なぜだか更新するのがテスト前のことが多い気がしますが多分きっと気のせいです。
たとえ今日がテストの一、二週前だったとしても……(←勉強しろ
最後グダグダですが、頑張ります☆でも数g……何でもないです(-_-;)
ではまた次回!





コメント返信>
かなやのぶ太様>
返信遅れてすみません(汗汗
私も全然コメントしてなくてすみませんっ。
そうですね(^-^)
たとえいわれのない不安に悩まされても楽しみがいっぱいありますよねww
頑張ってください!私も今度の期末テスト頑張ります!
スポンサーサイト
2012.06.23 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。