上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
66、今だけは                 ‐翠・美陽
 私は、『新しい自分』になりたかった。
『もう、泣かないでよ美陽。笑って。』
 私は、一人でも生きていける、爛の親友の『翠』になりたかった。
 なのに……。
『もう、何も奪わないでください。』
『……ごめん。こんな話をして。』
「……翠?」
「えっ」
 後ろの方からためらいがちにかけられた声で、私は慌てて立ち止まった。視界を占めるのは、木の壁。
「……危なかったな」
 笑いを含んだ声に、私はやっと状況を理解する。もしかして。
「……私、壁にぶつかりそうになった?」
「もう少しで。怪我は?」
 葵に言われ、私は全身を確認する。といっても、激突する直前で止まったから怪我があるはずがないけれど。それからふっと気付き、数歩下がって壁を見てみた。そこには、学校で見た洗濯小屋と同じ建物があった。どうやら私は、到着して立ち止った葵に気付かず歩き続けていたようだ。
「……ごめんね、葵。心配掛けて」
 俯きながらそう言うと、ため息が返って来た。
「……俺のせいだから」
「え?」
「とりあえず、洗濯」
「あ……うん」
 頷き、私は小屋へと歩き出した。でもあることに気づいてはた、と立ち止まる。
「葵……待っててくれるの?」
 振り返った先には、木にもたれる葵の姿。
「……翠を一人にしたら危ない」
 ため息交じりのその言葉は、『翠』にとって嫌なものであるはずなのに、……嬉しかった。
「……それ、湊も言ってた……」
 ごまかすためにそう言うと、葵は一瞬、顔をしかめた。葵のその様子は、とても自然だった。
『嘘をついて、自分を偽って、無理をして、『大丈夫』なんて……言うな。』
 嬉しいのは、まだ、誰かに頼りたい自分がいるから。
 辛いのは、まだ、受け入れられない自分がいるから。
 なら、今だけは、『美陽』でいよう。
「……急いで、洗濯してくるね。だから」
「待ってる」
 葵の言葉に微笑んで、私は小屋へと歩き出した。











こんにちは、お久しぶりですみなみです!
長らく音沙汰なくてすみません<(_ _)>
三学期の謎の忙しさと続き書けない現象がタッグを組んで戦いを仕掛けてきたので……(汗
あと、ぶっちゃけ葵の口調がよくわからなくなってます←
とりあえず、今年(も)は更新がさらに遅くなるかもしれませんが(受験生なので……)、出来るだけ更新したいと思います!
あ、ちなみに昨日はエイプリルフールでしたが、私は嘘をつき損ねました(^_^;)←
ちょっと残念です……。

ではまた次回!
スポンサーサイト
2013.04.02 Tue l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。