上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
65、時の一族                 ‐爛
「……理由を、聞いてもいい?」
あたしは表情を変えないようにしながら聞いた。正直、どうして断られたのかが分からない。彼らは、こんな生活をしていても、山の里を裏切らないというの?
 赤い髪をした男も、眉一つ動かさなかった。ただどこか、あたしを見る目が変わった。
「紅き者、理由などとうに分かっているだろうに。」
あたしは黙ったままでいた。男が、何を思ってあたしを見つめているのかを、見極めるために。そしてその男は、口を開いた。
「……我々は、負け戦になど味方しない」
負け戦。
「……あたしたちが、負けると言うの?」
「そうだ。所詮、多勢に無勢。勝てる見込みなど万に一つもない」
「そんなこと――っ」
「爛様」
赤目が静かにあたしを止める。男を睨みつけながら、あたしは唇をかんだ。確かにあたしたちは数が少ない。たったの八人だ。でも、その八人が道の里を滅ぼした。そしてこの八人が、これから山の里も、川の里も、風の里も、蒼の里も滅ぼす。そう、滅ぼさなくちゃいけないんだ。
 紅の里を、守るために。
「もうひとつ、良い事を教えてやる、紅き者。」
「……何?」
「我々が今このように生きているのは、山の里ではなく同胞の愚かな行動のためだ」
「愚かなんかじゃありません!」
男の、そしてその後ろにいる人々の顔が一斉に一方向を向いた。あたしは彼らを警戒しながら、そっとその方向に顔を向けた。どうやら、洞窟のある方だ。
 そこには、ひとりの少女が立っていた。燃えるような長く赤い髪、強く結ばれた唇、今にも泣き出しそうな瞳。その両腕は、大事そうに何かを抱えていた。
「……焔(ほむら)、お前は謹慎中だ、戻れ!」
「嫌です!」
焔と呼ばれた少女は、男の声に身をすくめながらも叫んだ。
「時の一族は愚かなんかじゃありません!薫(かおり)たちが何処かで生きていることは、むしろ希望です!」
「生きてなどいない!子供が二人、どう生きていくというんだ!」
「それはっ……」
焔という名の少女は言葉を失う。男は一回あたしを見てから、話し出した。少女を睨みつけたまま。
「……数年前、時の一族という者たちの一部が反乱を起こした。この里から自分たちだけ逃げ出そうともくろんだのだ。紅き者、今のお前たちと同じように、たった数人でな。だが当然、奴らは捕まった。唯一、子供が二人だけ逃げおおせたが、あの綺麗な金髪では、助けてくれる人もいないだろう。しかしそのせいで、我々は責任を負わされた。あいつらのせいで、我々はこんな生活を強いられた。全一族の代表として、憎んでも憎み切れない」
男は、またあたしを見た。今度は、あたしから目を逸らさなかった。
「だから、お前たちに力を貸しはしない!」








こんにちは、みなみです!
いやぁ、もうなんか現実逃避しまくってる三年0学期の今日この頃です(おい
1年後のことなんか考えたくもないです(-_-;)
でもそんなこと言ってる場合じゃない気がするのでちゃんと勉強始めようかと思います。はい。
あと、学校で空席がいつもより増えてる気がするので風邪には気を付けたいと思います!
ではまた次回!









コメント返信>
Aspecchi様>
受験生なんですよね……。
早めにやろうと思って今日まで来た感じです(泣←←
とりあえず、少しずつはじめていきたいと思います!
スポンサーサイト
2013.01.27 Sun l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/103-58530095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。