上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
69、晴の泣き声                 ‐爛
 あちこちから悲鳴が上がる。
 今度の炎はさっきのものとは違った。囲むのではなく、直接彼らに火を付けたのだ。
「おのれ……焔!」
 紅蓮一族の男が焔を睨む。瞬間、焔が赤子をあたしに押し付けた。固い布越しに伝わる柔らかさが、あたしを戸惑わせた。
「なっ――」
 なんであたしに。不可解な行動に焔を見る、が、彼女は苦しそうにうずくまっていた。
 その背を、炎に焼かれて。
「滴(しずく)!」
「はい」
 男の声に目線を戻すと、青い髪の女性が男の隣に立っていた。男と同じぐらいの背丈で、男同様、焔を睨んでいる。彼女の足元からあふれた水が、斜面を下り仲間の足元を通っていく。さっき水を出したのは彼女、いや青髪の者か。同時に、あたしは悲鳴が消えていることに気付いた。彼らを焼いていた炎も。――焔のものを除いて。
「ふん、裏切り者が。血族の温情ゆえに謹慎で済ませていたものを、仇で返すとは。結局、最後まで出来損ないだったわけだ」
 その言葉に焔が反応したのか、男の体に再び炎が上がる。しかし、それも一瞬だった。隣の女性が手を触れた瞬間、そこから水があふれ、火が消えたから。
 どうしよう。動きたいけれど、その瞬間火を付けられてしまうだろう。……この赤子を巻き添えに。
「……終わりだ、焔」
 男がそう言い、女性が唇を歪めて笑った、その時だった。
 あたしの腕の中から、泣き声が響いた。
 今まで、全く動かなかった赤子が――晴が、泣いていた。泣き止む気配もなく、けれど暴れることもなく。ただ、泣いていた。何かを求めているようには見えなかった。苦しがっているようにも、不思議と思えなかった。ただ、泣いていた。理由もなく泣いているようにしか、思えなかった。
 誰もが不意を突かれ、誰もが赤子を見た。
 ただ――二人を除いて。
「――晴ぅぅぅっっ!!!」
 焔が叫び、再び彼らを炎が包む。そしてほぼ同時に、後ろの方に見えていた青い髪がひとりいなくなった。無意識に数える――あと三人。
 赤子を左腕に抱く。空いた右手で真剣をぱっと鞘から抜く。考える間もなく、投げる。
 剣は狂いもなく、滴と呼ばれた女性の左胸を貫いていた。
「ぞく……ちょ……」
 倒れこむ彼女を、男がとっさに支える。二人とも、炎に包まれたままだった。いや、それは二人に限った話じゃない。見たところ、火が消えたものはいない。
 青い髪の者も。
「紅き者……貴様……」
 男があたしを見ようとした。睨もうとした、の間違いかもしれない。けどその前に、男の左胸を、後ろから刃が貫いた。倒れる男から剣を抜いたのは――赤目。
「よくもふたりを!」
 上から声が降ってきた。とっさに見上げると、炎に包まれた青年が飛びあがって空中にいた。水色の髪をたなびかせ、赤目へと一直線に落ちていく。あたしは彼らを見回し、一旦、赤子を地に置いた。赤子はまだ泣き続けている。矢筒から矢を抜き、弓を構える。そして、矢を放った。……青年と同じ、水色の髪の者に。
 あたしの矢が相手に突き刺さった時にはもう青年も、赤目の刃によって息絶えていた。
 そして、立っている者も、ほとんどいなかった。














こんにちは、みなみです!
更新できた喜びと小説が上手く書けない悲しみを味わってます。
短い時間にたくさんの動きがあると難しいですね……。
まあ、とりあえず今回は、赤目お疲れって感じです。
……なんか短いですが、今日はこの辺で(^_^)/~
ではまた次回!
スポンサーサイト
2014.09.06 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

更新頻度
更新頻度上がってきましたね! 
2014.09.08 Mon l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/108-5779f8cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。