上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top





11、ガラクタと行き先                 ‐爛
「・・・美陽を、この里から追い出すっていうのっ!?」
あたしはつい、大声を上げた。嘘。なんで美陽が、なんで美陽が・・・、蒼の神なの?
「・・・爛、もう決まったことじゃ」
大巫女おばば様は、淡々としている。まるで美陽が、もうただのガラクタみたいに・・・・。
『ううん、ガラクタだって価値はあるよ、爛。』
ああ・・・・・。
 そうだったね、美陽・・・・・。
 あなたはいつも、どんなに儚いものでも、大切にしていた。はたから見てどんなに無価値なものでも、何かに生まれ変わらせようとしていた。無理だったとき、必ず「ごめんね」と言っていた・・・。
 少しだけ、変な子だと思ってたけど、いつも、すごい子だって、思ってたよ。美陽・・・。
「・・・ですか」
「なんじゃ」
美陽のかすれそうな声が、もう一度言った。
「・・・なんで・・・殺さなかったんですか・・・」
ぐらっ、と世界が歪んだ様な気がした。
 美陽・・・・。
「・・・わしもその案にはたどり着いた。だが、お前を殺すわけにはいかなかったのじゃ」
「・・・何で」
大巫女おばば様が、美陽をまっすぐ見て言った。
「・・・お前が、紅き眼を持っているからじゃ」

美陽は、今日中に里を出ることとなった。
「美陽、食料は大方詰め込んだわよ。そっちは?」
「うん・・・、着替えも入れた。でもあまり持っていけないよ。一人旅なんだから・・・。」
そう、あたしも行くって言ったのに、大巫女おばば様は許してくれないし、美陽でさえも、あたしが行くことに遠慮したのだ。
「遠慮しなくたってよかったのに・・・。」
「私も爛と一緒は心強いよ。でも私、一人で行きたいの。それに、爛は紅き者だから・・・。」
やっぱりそうだ。美陽は、やっぱり行く気だ。言葉にしてなくても分かる。
 さっき大巫女おばば様の部屋から出るとき、大巫女おばば様がこう言ったのだ。
「・・・この里を東に出てそのまままっすぐ行けば、蒼の里にたどりつける。地図もなければ知り合いもいない。危険だらけだろう。行きたければ行くがいい」
あたしは美陽が心配だった。






こんにちはっ!・・・はぁ~。小説や物語の世界からぬけでると、恐ろしい現実が・・・。
・・・まあ、宿題のことです(そういえば学生でした
頑張ります・・・どっちも・・・。
・・・暗くなったのでテンション上げますっ!! ←元からテンションが低いのでそんなでもない
ではまたっ!
スポンサーサイト
2010.08.28 Sat l 紅滄 ~同じ眼~ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/36-c0f74e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。