上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
29、使命                ‐爛
「・・・爛様」
声がした。振り返ると茜がいた。鍛練のせいだろう、疲れ気味みたいだ。
「爛様、あの、大巫女おばば様が、今すぐ部屋に来い、とのことです。」
「・・・分かった。ありがと茜」
いえ、と笑う茜を残して、あたしは急いで大巫女おばば様の部屋へ向かった。

ガラッ
「・・・遅いぞ爛。まったくお前は成長しないな」
「すみませんでした」
あたしはそう言って、ゆっくり大巫女おばば様の向かいに座った。成長しないのはどっちなんだか。
「まあよい。・・・爛」
「なんでしょうか」
「・・・いよいよ時が来た」
大巫女おばば様の言葉に、あたしは反感を覚えずにいられなかった。でも口には出さない。
「・・・爛、紅の里の歴史を習ったな?」
「はい」
当り前じゃない。大巫女おばば様が命じたんだから・・・。
 紅の里は、昔、紅き女神が、己を崇める紅の一族のために切り開いたのが始まりだとされている。
 紅き女神はその後、蒼き神を殺したが、その時の傷と蒼き神がかけた呪いのために死んだ。
 それがきっかけで、紅の里と蒼の里は敵対した。
 『はじまりのもの』は、自らと紅き女神のために、巫女館を建て、多くの巫女を育てた。
 『はじまりのもの』の死後も、紅き者はたびたび生まれた。しかし、蒼き者も同じく生まれていたため、幾度も戦いがあった。しかし、他の里や村からも嫌われていたこの里は、だんだんとその数を減らし、規模も小さくならざるを得なくなった・・・。
「・・・今のこの里は、紅き者であるお前に望みを託しているのじゃ。そして、その望みを果たすことが、紅き者であるお前の使命なのじゃ」
あたしは頷きながらこぶしをぎゅっと握った。紅き者、紅き者。大巫女おばば様は、あたしのことを紅き者としか見ない。巫女だって、茜とエンジさんと小豆さん、灯先生以外はみんなそう。・・・それに、美陽も。
 最近よく考える。美陽は、自分が紅き眼を持っていなかったら、あたしをあたしとして見てくれていただろうか?親友になっただろうか?答えは・・・、わからない。
 大巫女おばば様が口を開いた。
「・・・爛、お前の使命は、多くの里を滅ぼし、復讐することじゃ」
眼を見開く。大巫女おばば様は、なにもなかったかのようにいつもの顔をしている。そう、あの日、美陽を追放すると言ったときのように。








こんにちは~っ!みなみです! 小説書いてる場合じゃないとかいってはいけませんよ!
今はどちらかと言うと爛の方が状況的に大変だし(爆
まぁ・・・でもPCやる時間は・・・若干減ったかも(確信は無いよ☆
また夢の話を言うと、今朝怖い夢見たよ☆ ビビりだから☆マークつけなくちゃやってられないぜ!
だってだって!服着たトルソーの中から人の顔つなげたような物体が出てきたんだぜ!寒気するよ!それに電気消そうとしたら勝手に消えて、ドアも勝手に開いたんだぜ!しかも(夢の中で)お母さんに聞いたら「あぁうち幽霊いるよ」って普通に言われたし☆まぁそれは透明な、害のない優しい子だったからいいんだけど、そのあとなぜかゲームの世界っぽいとこにいて!どっかの屋敷調べてたんだぜ!しかもそれの正規ルートで行った時のを映像で見て!あんま覚えてないけど思い出すたびになんかやばいんだぜ☆夢の中でも映像をまともに見れてなかったしな☆
・・・↑の、勢いで書いちゃったんで読まなくていいですよ~。



コメント返信>
Aspecchi様>
 まぁ・・・2次元キャラです(爆
 こういう子なので、友人から時々かわいそうな目で見られますw(いや、変態か?
 まぁ、忘れてくださいww
 ありがとうございますっ。受験頑張ります!
スポンサーサイト
2010.12.18 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

2次元でしたか
2次元でしたか? だれでしょう? まあよくあることです(笑)。私の場合は恋愛系でなく、ロボットに乗って人類のために戦うことが多いです(恥)。
2010.12.18 Sat l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/59-c4c0ed74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。