上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
33、嫌い、約束、崩壊                 ‐爛
ざぁっと、風の音が聞こえた。
「・・・嘘?違う、あたしは本当にそう思ってる。」
あたしは、そう言うだけで精一杯だった。大巫女おばば様はそれに気づいているのか、何も言わない。
 あたしが美陽を信じる気持ちは嘘?偽りなの?
 あたしは美陽を信じてたんじゃないの?
 あたしは、美陽のことを分かっていたよね?
 大巫女おばば様が、口を開いた。
「・・・爛、お前、本当は美陽が嫌いだったのじゃ・・・。」
全身の力が、抜けたような気がした。一瞬、視界がぼやけた。それほどまでに、この言葉は衝撃だった。
 あたしは、美陽が、嫌いだった・・・?
 嘘だ、そんなの。とあたしの中の声が言った。
 いや、嫌いだったよ。とあたしの中のもう一つの声がした。
 脳裏に、美陽の、笑う、姿が、甦る。
 嫌い・・・?ああ、嫌いだったかもしれない。あたしはきっと、『紅き眼』の仲間が欲しかっただけなのだ。だからいつも美陽より先に何でもしたし、美陽のことを案じたし、いつも一緒にいてやった。『親友』でいてあげた。約束もしてあげた。・・・約束・・・・。
『・・・またいつか、二人で一緒に笑い合おうね。』
「・・・爛、蒼き者は敵。紅き者は蒼き者を殺さなくてはならない。・・・蒼き者を、殺せ。」
あたしは頷いた。あたしを親友だと信じていた少女を殺す。それが何だというのだろう?美陽だって、あたしを殺さなくてはいけない。お互い、そう思ってるんじゃない?
「ああ、それでこそ紅き者じゃ。じゃがな爛、いきなり蒼き者を殺してはならん」
「なぜ?」
「蒼き者、及び蒼の里は、他の里を味方につけている。臆病な蒼き者は、自分は奥にいて、他の里の者を死なせているのじゃ。じゃから、先に他の里を滅ぼす必要がある。」
あたしの中で、「何で?!」と叫ぶ声が聞こえた気がしたが、あたしは無視して頷いた。
「まあ、全部の里を滅ぼす必要はない。主要の里を滅ぼせばいい話じゃからな。」
「どの里?教えて。」
あたしがそう言うと、大巫女おばば様は地図を取り出した。
「これはな、先祖代々、大巫女に伝わるものじゃ。いいか爛、まず道の里、次に山の里、川の里、そして風の里じゃ。この四つの里を滅ぼせば蒼き里もまた滅ぶ。」
「分かった。・・・何人で行くの?」
「相変わらず口が悪いな。まあいい。そうじゃな・・・、お前にエンジと茜、そして灯と、男四人・・・、八人じゃ。」
はちにん。心の中で呟く。そして、「分かった。」と頷く。
 待っててね美陽。会う約束は、絶対に、守るから・・・。






みなみですっ!はぁ・・・崩壊しちゃった・・・。
私も崩壊しそう←
最近春休みだからか曜日の感覚がなくて(泣
そのうち直ることを願いましょう(おい



コメント返信>
Aspecchi様>
すっすみません・・・。しくじったんです・・・。
ご迷惑かけてほんとすみません<(_ _)>
楽しい夢・・・そうなんでしょうか・・・?
今日の夢は忘れました←
スポンサーサイト
2011.03.26 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/65-eeb28526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。