上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
40、少年、葵                 ‐翠・美陽
「あ・・・あの」
私の声に、灰色のマントを着た人が本から顔を上げ、ゆっくりとこっちを向いた。薄ぼけた灰色のフード付きマントを着たその人はおそらく私たちと同じくらいの少年だった。フードから漆黒の髪が見え、それよりも濃い、どこか蒼を帯びた瞳が、私をとらえた。そのかたく結ばれた口は、開きそうもなかった。
「・・・はっ、はじめまして。私、す、翠って言います。今度から遊び相手として来ることになりました。・・・よっ、よろしくね。」
少年は少しの間私のことを無表情に見つめていたが、またゆっくりと本に顔を戻した。
「・・・え?えと・・・」
私がその沈黙を飲み込めないでいると、少年がまたこっちを向いて、口を、開いた。
「・・・俺は葵(あおい)。よろしく。」
少年はまた本に顔を戻したが、私にはその表情がどこか、笑っているように見えた。冷たくもないし作り物でもない、少しだけ嬉しそうな、だけどそれとも違うような、そんな笑顔を浮かべたように。
「・・・それ、何の本?」
私が会話を続けるために思い切ってそう話しかけると、少年・・・葵は、戸惑ったような顔で私を見た。私は何に戸惑ったのか分からなくて首をひねったが、葵はすぐその表情を引っ込めて、言った。
「・・・薬草。」
「薬草?えっと、薬草って、薬になる草のことだよ・・・ね?」
私の言葉に、葵はこくんと頷いた。良かった、と胸をなでおろす。
「薬草って、どのくらいあるの?」
「・・・たいして多くない。だけど、まだ誰も知らない薬草が、あるかもしれない。」
葵の言葉に、私はそうなんだ、と頷いた。まだ誰も知らない薬草。私はまだ知らないことだらけなのに、他の人でも、知らないことがあるんだ。
「・・・いいの?」
え?と葵を見ると、葵はどこか呆れたような、そう、さっき藺草や湊がしたような表情を・・・。
「・・・あいつら、待ってるけど」
私が慌てて振り返ると、三人が、さっきの場所で立っていた。ここからだと顔がよく見えないけど、きっと呆れているに違いない。私は葵の方に向き直った。
「教えてくれてありがとう。じゃあ、またあとでね、・・・葵。」
「・・・こちらこそ、翠。」
ぱらり、と葵が本のページをめくった。私は葵の言った意味をいまいち理解できないまま、藺草たちの方へと急いだ。たどり着くと、呆れているとばかり思っていた皆が、・・・驚いてる?
「翠ちゃん・・・あいつと会話成立したの?」
私が頷くと、みんながさらに驚いた。もっとも、忍は驚いているようには見えなかったけれど。
「・・・すごいね、翠。僕ら皆、あいつと会話なんて、成立しなかったんだから。」
湊の言葉に、私は少しだけ、葵の方を振り返った。







こんにちは、みなみですっ!部活がひと段落したので一安心です(^-^)
ところがもうすぐ期末テストだったりします。びっくりです←
そしてこの小説は通算40話?目ですが、いつまで続くんでしょうね(笑)
まぁ頑張りますっ!!




コメント返信>
Aspecchi様>
 ありがとうございますっ。私はまた違うところが刺されて(泣
 私はまだ殺せてないですね(おい
スポンサーサイト
2011.06.19 Sun l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

量的には
少しずつ書いていると量が分かりにくいというのはあるかも知れません。読んでいただいた私のは2つとも丁度文庫本(ラノベ)1冊分になります。見開き(2ページ)の字数が42字×34行です。参考にしてみてください。
2011.06.19 Sun l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/73-9146b8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。