上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
43、悪魔の囁き                 ‐爛
 やっぱり無謀だったかもしれない、とあたしは思った。
 今、あたしは壁の向こうから降ろされた綱を頼りに、灰色の壁を登っていた。もちろん、傷ひとつ無い壁につかむところも足を乗せるところもあるわけない。だけどあたしは作戦上こうしなくてはいけないし、これは事実上、自業自得だ。今思えば、少しだけ自分を過信していたかもしれない。だけど、自分でこう作戦を練ったんだから、あたしが頑張らないと。少しずつ、少しずつ上へ登る。人々の悲鳴に気が散らされそうだ。ううん、落ち着いて、とあたしは自分に言い聞かせた。
『高くて怖い所では、絶対に下を見るな。』
鳶の言葉が頭に響く。もちろん大丈夫よ、とそのときは軽く言ってしまったけど、今はものすごくきつい。下なんて向ける気はしないが、手を離してしまえば生きてはいられない高さまで来ていることは確かだ。
 ・・・なんで、こんなに頑張らなければいけないの。
 そんな悪魔の囁きが聞こえた気がして、あたしは固く目を閉じた。心の中で、呟く。
 ・・・紅き者として、仲間を守るために決まってるじゃない。
 あたしはそっと目を開けて、少し遅れてしまったことを挽回するように進む。だんだんと、壁と空の境が近づく。もう少し、あともう少し・・・。
 いきなり視界が開けた。
「・・・綺麗」
ぽつりと呟いた言葉とは裏腹に、目の前の景色は悲惨だった。
 あかあかと燃える炎。焼ける家、木々。怯え、叫ぶ人々。なかにはあたしたちの矢に当たったのだろう、血を流している人もいる。塔は中の人々があまりのことに駆け回っているのか、かすかに揺れている。悲鳴は、途絶えることなく耳に届いた。子供の泣き声もする。
 なぜだろう。こんな残酷で、無慈悲で、恐ろしい光景なのに、美しく、魅了される。
 ・・・狂ってる。
 また悪魔の囁きが聞こえて、あたしは我に返った。そうだ、こんなところで見とれている場合じゃない。あたしは・・・。
「・・・あたしは狂ってなんかいない。」
絶対に。そう思いながら、壁の上に立つ。ずいぶんと厚い壁だから、余裕で立てる。あたしはそれから、腰に差してきた真剣で今まで登って来た綱を切った。太いから手間取ったけれど、切れたから安心した。ただ、なんとなく、綱が落ちるところは見ることが出来なかった。
「・・・爛様」
聞いたことのある声がした。あたしがそっちを見ると、そこには赤目とともに道の里の中に送り込んだ朱鷺がいた。
「・・・我の準備は完了した。」
あたしはあたりを見渡してから、頷いた。
「・・・作戦の最終段階を、始めましょう。」
悪魔の囁きは、もう聞こえない。







こんにちは、みなみですっ!夏休みでの更新一回目ですww
でも今年の夏は忙しい気もするし節電もあるので更新回数が増えるかどうかは分かりません←
というか・・・宿題の読書感想文やらなんやら書けるかと不安中(・_・;)
なんか最近の気分は、『小説・物語しか書けない(泣)』な気がします。どうしよう・・・。
ちなみに他の宿題のことは忘れてください
・・・が、頑張りますっ(-_-;)←





コメント返信>
Aspecchi様>
 ↑に書いた通り、ゆっくりできるか疑問形です(^_^;)
 ただ、大体の予定(部活・帰省・課外)は平日なので土日は休み満喫できそうですww
 
スポンサーサイト
2011.07.23 Sat l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

忙しそうですねー
帰省はともかく部活に課外とは忙しそうですねー。無理しないように頑張って下さい。
2011.07.23 Sat l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/78-c9beba7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。