上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
51、未来と運命                 ‐爛
 ビュンッ!と一斉に風を切る音がした。火が燃え広がり、人々の泣き叫ぶ声が聞こえる。もう蝋燭草はほとんど残ってはいないが、木でできた矢はそれ自体が炎と化して里を襲う。
「……それが、あなたの答えなのね。」
預言者が、落ち着いた声で言った。里がこんなに無残な姿になっているのに、どうしてこんなに冷静でいられるのだろう?動揺を隠しているのだろうか、それとも、……未来を夢見ていたのか。
「それならば、やはりあなたに未来は変えられない。」
「……どういうこと?」
「……未来というものは、あまりに不確実で、儚いもの。」
預言者は、真っ直ぐに、臆することなくあたしを見つめていた。
「だからわたしたち預言者が見るものは、あくまで預言であって明日ではない。わたしがあなたに伝えた未来も。」
現実になるとは限らない。あたしは、預言者が何を言いたいのか、よく分からなかった。美陽を殺せない未来があるとでも言うの?美陽との約束を果たせない未来が、あるとでも、言っているの?
「……もしあなたに未来を変えたいという意思があるのなら、変わるかもしれない。けれど、あなたが今のまま生きていくというのなら、未来は絶対となる。」
預言者は、あたしを諭すように言った。そんな預言者を、あたしは真っ直ぐ、見つめ返す。
「……変える必要なんてない。あたしが望んだのは、この未来よ。……約束を、果たせる、この未来。」
「たとえ遠い未来で、後悔しても?」
あたしは、頷いた。
「……ならば、わたしが言うことはもうない。茨の道であってもそれはあなたの道。逃げずに進んでゆけば、きっといつか運命は、未来は、あるべき方へと回ってゆくでしょう。」
「なぜ?」
あたしの声に、預言者は戸惑ったような顔をする。あたしはそのまま続けた。
「なぜ、そんなに平然としていられるの?それに、なぜあたしに、そんなことを話すの?」
預言者は、かすかに微笑んだ。……あたしの中で、その笑顔がやけに引っかかった。
「『預言者がいる限り、里は滅びない』という言葉を知っているでしょう?預言者がいる限り、この道の里は滅びない。現にあなたの里も、預言者がいたから滅びなかったはず。」
「死なないとでも?」
嗤いながら問うあたしに、まさか、と預言者は自嘲的な笑みを返した。いつのまにか悲鳴は途絶え、塔も燃え崩れていている。おそらく、もう預言者以外は。
「……わたしは、あなたを運命から救いたかったの。同じ様に運命に縛られた、預言者の神無月として。」
風に乗ったように声が届いた。はっ、として見ると、そこにもう預言者の姿はなかった。
 なら、あたしが運命から救ってあげる。
 あたしは矢を番え、放った。さっきまで、預言者がいた場所に。音は、火の音にかき消された。
 あたしの矢は、彼女に、彼女を縛る何かに届いただろうか。








こんにちは、みなみですっ!サンタさんは来ませんでした(^_^;)
まぁ、もう、高校生ですからね。はい。←←
そろそろ道の里編(?)が終わりそうですwww
もう前回で50話(?)でしたが何話まで行くのか……ある意味楽しみですww
ではまた今度!
スポンサーサイト
2011.12.26 Mon l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

来ないって
来ないって! まあ寝てるうちに何か置いてあるとかは無理があるにしても、「クリスマスだから○○買って!」とかは言っていいと思いますよ。社会人になった後では無理がありますけど。
2011.12.26 Mon l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/87-a6eb69c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。