上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
53、帰り道の笑顔                 ‐爛
「……にしても、爛様かっこ良かったなぁ」
不意に桜実が言った。きっと沈黙に耐えられなかったのだろう。みんなそう思っていたのか、それぞれ頷く。ただ、あたしと茜は何も反応しなかった。
 道の里を滅ぼしたあたしたちは、紅の里へ帰る途中だった。果ての無い草原。その中をあたしたち7人は歩いていた。そう、7人。
『僕の逃げ道は考えなくていい。』
「……赤目……。」
つい口から零れたその言葉に、また沈黙が広がる。あたしはそれに耐えきれなくて、みんなより数歩、先を歩く。
 もしあたしが、もっとしっかりしていたなら。
 もしあたしが、もっと完璧な作戦を考えていたなら。
 もしあたしが……。
「爛様……大丈夫ですよ。」
急に声がした。見ると、いつのまにか隣に茜がいた。優しい、いつもの顔で。
「爛様、赤目はきっと、きっと大丈夫です。」
「……なんでそう、言いきれるの?」
あたしが聞くと、茜は分かりません、と一瞬顔を曇らせたが、またすぐにさっきの顔に戻った。
「……だけど、赤目様が自分で逃げられると言ったのなら、私はその言葉を、赤目様を信じます。」
 ざあっと、風が吹いた気がした。
「……茜様の言うとおりね。あたしも、赤目を信じる。」
たとえそれが、悲劇へとつながっても。あたしが微かに笑いかけると、茜もかすかに笑った。そのとき。
「……ありがとう。」
「……えっ!?」
あたしと茜がぱっと振り返ると、そこには赤目がいた。それどころか、赤目以外の全員が笑っている。朱鷺の笑い顔なんて初めて見た。にしても……赤目、いつ帰って来たの?
「ちょっとみんな、……どういうことっ!?」
混乱するあたしと茜に、エンジさんが代表して教えてくれた。
「先を歩いてる爛様に茜が追いついたあたりで赤目が来てさ。一番心配してた二人にドッキリ仕掛けようと思って。……っでもマジで二人最高。」
あはははは、とまた笑いだしたエンジにつられ、他の皆も笑いだした。あたしはむっとしたけど、なんだか楽しくなって結局笑ってしまった。茜も笑っている。赤目は笑ってはいなかったけど、いつもより少し表情が和らいでいる気がした。と、茜が赤目の手を握った。
「……おかえり、赤目様。」
「……ただいま。」
あたしは今、笑顔でいられることが最高に嬉しかった。






こんにちは、みなみですっ。近頃寒いですね~。
この寒い中で勉強する気とかおきません……←←
そんな昨日は模試がありました。二次関数で泣きそうになりました……。
でもそれ以外はいつもに比べれば出来ていたかなって感じです。
それではまた次回っ!!








コメント返信>
Aspecchi様>
 明けましておめでとうございます!こちらこそよろしくお願いしますっっ。
 う~ん……、どっちかって言うと私自分で時間を無駄にしていますけども……(-_-;)
 基本的にご飯とお風呂と空想と小説と部活と部活帰りの立ち話と宿題と勉強とテレビで放課後から夜の時間は成り立っていますからね(汗
 ……やはり立ち話とテレビの時間は削った方がいいのかも……(・_・;)
スポンサーサイト
2012.01.22 Sun l 紅滄 ~紅ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

寒いと逆に
寒いと逆に出かけたくなくなって勉強とは行きませんかー。
立ち話やTVから小説のアイデアが得られるかもです。
2012.02.04 Sat l Aspecchi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://guruguruminami.blog115.fc2.com/tb.php/89-054d57c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。