上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
60、『みよう』                 ‐翠・美陽
「なんで、って……」
私は言葉に詰まった。どうしよう、と悩んでいる間に、葵がまた口を開いた。
「……一人で水に潜れば、なにがあっても手遅れだ。今回は無事だけど次は死ぬかもしれない。水をなめるな。」
「ご、ごめんなさい……」
言われてみれば確かにそうだ。さっき葵が助けてくれなかったら、きっと……死んでた。そしたら、爛との約束も果たせない。紅の里にいた頃はいつも爛と居たから気付かなかったけど、確かに一人で居ることは危険だ。これからは気をつけよう。
 私の言葉に、葵は疲れたようにため息をついた。
「……もうするなよ。ただでさえ翠は、水に入ると別人になるんだから」
「え?」
零れた呟きに、葵はあっ、という表情をした。でももう遅い。
 あの日のことを、藺草は皆に口止めしている。だからあの日のことは、いた人しか知らない。だから。
「……見てたの?」
「湊もいたよ」
さらっと言った言い逃れに、つい笑ってしまった。結局見てたんだ、という言葉に、葵は何も返さなかった。そう言えば、と気になることを尋ねる。
「別人、って……?」
「言葉の通りだよ」
言いながら、葵は立ち上がる。慌てて、私も立つ。
「……簡単に言うなら、翠の顔をした誰か、かな」
 私の、顔をした、誰か。
 その答えを、私は知っていた。
「……じゃあ、行くよ」
「えっ、どこに?」
きょとん、とした私の顔を見て、葵は怪訝な顔をした。そして、一言。
「……そのまま、帰るつもり?」
「……ああ!」
納得した。そうだ、洗濯しなかったらなにもかも水の泡だ。こっそり行ってこっそり帰る、という私の計画を知らない葵でも、指摘するのは当たり前だ。
「ありがとう。……忘れてた。」
正直に言う私に、ため息をつきながら葵は歩き出した。私も、慌ててついていく。
「……ひとつ、聞いても構わない?」
葵の言葉に、私はうん、と頷きながら葵の隣に移る。その方が、話しやすいと思って。そして葵はどこか、変な顔をしていた。そう、なにか、言うのをためらうような。
「……『みよう』。」
私は、思わず立ち止まった。







こんにちは、みなみです!(汗
相変わらず更新が遅いです。ごめんなさい。<(_ _)>
そういえばテストは割と良かったです。嬉しいwww
問題の数学は点数的には下がったものの、けっこうみんな(文系クラス)悪かったみたいで助かりました←←
現代文も友人に勝ったので、ほとんど心残りないです☆←おい
さて、夏休みだからと言って更新率が上がるとは断言できませんが、なるべく更新したいです!
ではまた、次回に!





コメント返信>
Aspecchi様>
コメント返信ほぼ一カ月滞納してすみません……<(_ _)>
ですよね。そしてやるべきことより他のやりたいことを優先してしまうという←おい
頑張りました!今度は宿題頑張ります!(泣
アレです。例の宿敵です。(-_-;)



かなやのぶ太様>
コメント返信ほぼ一カ月滞納してすみません……<(_ _)>
部活はともかくテストは……(・_・;)
いつかそう思える日が来ることを願ってます。←←
はい!お互い頑張りましょうっ!
2012.07.22 Sun l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
58、月                 ‐翠・美陽
 空を見上げると、漆黒の空に白い月が輝いていた。
 ……あの空の色、何かに似てる。
 そう思いながら私は、静かに裏道を歩いた。裏道は大きい道より暗いし狭いけど、それは逆に好都合だった。人がいないから。
「……着いた。」
少しほっとしたためか、つい呟きが漏れる。再び気を引き締めて、私は慎重に、近付く。
 爛の話を聞いた日から、すでに何日か経っていた。信じられなかったけど、心のどこかで納得していた。だって爛は、……紅き女神の生まれ変わりだから。
 そして私も、滄き女神の生まれ変わり。なら、知りたい。
 そう思って、私はこっそりと、ある場所への位置と行き方を調べた。そこは、滄き女神のことを知ることが出来るかもしれない場所。つまり、水をたたえた場所、……池だ。本当は学校の池に行こうと思っていたのだけれど、あの日以来、藺草や瑠璃ちゃんは私が水に入るのに猛反発していた。それならこっそり入ればいい、と思い藺草に聞いたところ、夜は閉まっているらしい。だから、私はあまり人がいなさそうな場所にある池を探したのだ。
私は藺草に教えてもらった通りに身体を動かした。そして、そっと足で水に触れる。
 ……ああ、この感じだ。心の底からこみあげる、懐かしさと、喜び。
 嬉しくなって、私は急いで、でも静かに水の中に入った。そして、大きく息を吸い込んで潜る。そして、眼を開ける。
 暗かった。あまり深くはないはずなのに底が見えない。でも、月の光がわずかながらも私たちを照らしてくれた。それはまるで、何かが隠されているようで、もっと月が明るければ、と切に願った。ああでもやっぱり、世界は綺麗だ。でも、……残酷。
 辛くなって、私は上を見上げた。揺れる水面に、月が見える。穏やかな、優しさ。
 あの人に、会いたい。
 そのとき、眼の端に何かが見えた。顔を向けると、ぼやけた水面に、……え?あれは、もしかして。
 あの人の名を呼ぼうとしたとき、口に水が入った。息が出来ない。まったく、なんて不便な体なのだろう。空気を吸ってしか、生きることが出来ないなんて。もがき、あがくしかできないなんて。それでも、沈んでゆくなんて。
 不意にドボン、と音がした。腕が、引っ張られる。ちらりと、漆黒のなにかが、見える。
 あの人が、助けに来てくれたんだ……。
 そう思ったとき、頭が水から出た。息が出来る。そしてそのまま、身体ごと地面に引っ張られる。その途端、『あの人』が誰なのかも、綺麗な世界も、感じたことも、薄れてゆく。残ったのは……、哀しさ。
 そして、助けてくれたのは、『あの人』じゃなくて……。
「……あ、おい?」
軽くせき込みながら、私は戸惑った。何で、葵が?それに応えるように、葵の瞳が、私をまたとらえる。
「……なんで、水に潜った?」
息を弾ませながら言った葵の声は、どこか、怒りを含んでいた。







こんにちは、みなみですっ!無事更新出来ました☆
そしてテストも無事終了。現代文が友人に負けていたことが悔しかったです。
あ、数学は思ったより良かったですwww
これからも小説と勉強と部活その他もろもろ、両立(?)して頑張らなきゃなと思う今日この頃です。
ではまた次回!!
2012.05.26 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
56、道の里の預言者                 ‐翠・美陽
 どこかで、クークーと鳥が鳴いた。
「美葉さん、それ、……本当、なんですか……?」
私の言葉に、美葉さんは頷いた。
「ええ。この情報をくれた人は、信頼できる人なの。だから……、本当よ。」
「そんな……。」
そんな、信じられない。きっと、情報は何かの手違いだったんだ。そうじゃなきゃおかしい。だって、だって絶対、あり得ない。紅き者が、あの子が、爛が……。
 爛が、道の里を壊滅させたなんて。
「姉上は、夢を見なかったの?見ていたら、防げていたかもしれないのに……」
湊の問いに、美葉さんは悲しげに微笑む。
「いつも言っているでしょう?預言者は、自分の里の民の夢しか見ない。違う里の者の夢を見ることはあるけれど、それは稀なことなの。……でも確かに、神無月は、夢見ていたかもしれないわ……。」
「神無月って、あの……」
「そう、道の里の、前預言者よ。」
前預言者。その言葉が、嫌に心に響いた。……あれ、でも……。
「……なんで、『前』預言者なんですか?」
「神無月が亡くなった今、道の里の預言者は霜月という青年に引き継がれたからよ。」
美葉さんが、なぜか、泣きそうに見えた。
「……道の里の預言者は、とある一族に十一人の正当な預言者が順に生まれ変わっていると言われていて、名も同じにしているの。でも代々、正当ではない預言者が必ずいた。正当な預言者である九代目と十一代目の間にわずかに空いた不在の期間を埋めるため、力を持った少女を十代目にさせたから。……十代目の名は、神無月。一族の者に疎まれ、貶されてもなお、里のために尽くした少女。彼女のように、前々預言者である長月と霜月の間を埋めていたのが、亡くなった神無月よ。」
 間を埋めるためだけの、存在。
 神無月は、自分の運命をどう思ったのだろう。そして、……爛は、自分の運命を、どう思っているのだろうか。
「じゃあ、なんで神無月は……」
「なぜ神無月が夢見たことを言わなかったのか……、それは誰にも分からないわ。でもね、湊、それに翠、神無月は、決して里を嫌ってはいなかった。だからきっと、何か理由があったのよ。」
「でも、そのために里を滅ぼすなんて……」
「『預言者がいる限り、里は滅びない』。」
美葉さんの言葉に、湊は、はっとした表情をした。首をかしげる私に、美葉さんが説明する。
「言葉の通り、預言者がいる限り、その里は滅びないの。たとえ、生き残ったのが預言者一人だとしても。……きっと神無月は、彼が川の里にいたから、里は滅びないと分かっていたんでしょうね。」
たった一人生き残った預言者。彼は、爛を、恨んでいるのだろうか……。
どこかで、鳥が飛び立つ音がした。






こんちには、みなみです!わああぁ更新遅れてすみませんっっ!!
部活があったとか新学期に向けて片付けをしていたからとか昨日書いてたけど遅筆過ぎて夕御飯の時間になっちゃったとか色々言い訳が……いえ、自重します。結局は自業自得ですし(-_-;)
そう言えばこの間、卒業した中学校の異動する先生を見送る(?)という行事に制服で行ったら同学年の人はほとんどみんな私服でした……(泣
まぁお世話になった先生にあいさつできたし、後輩や友達に会えたから良かったんですけどね。
あ、あといつのまにかカウンターが600超えててびっくりwwwありがとうございます!!
これからもいい物語を書いていければなと思います!そして更新率あげたいです!
さて、そんな訳で今年も小説(と勉強)を改めて頑張ります!ではまた次回☆






コメント返信>
Aspecchi様>
ほんとびっくりしました……。私は推薦入学だったのでもう合格は決定していたんですけど、まさかこんな大変な日にもっと大変なことが起こるとは……(汗
でも午前じゃなくてよかったです。いや、基本的に起こらないのが一番いいんですけどね(^_^;)



にゃんこ様>
コメントありがとうございます!!
コメントしてない&更新遅くてごめんなさい<(_ _)>
私から勉強してもあんまり得ること無いよっっ!?(汗汗
まぁ、お互い色々(創作とか勉強とか)頑張りましょう!!
2012.04.03 Tue l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
54、帰り道の話                 ‐翠・美陽
 闇に包まれた静かな帰り道は、私にとって初めてだった。紅の里では巫女館の周りだけで生活していたし、ハルさんたちと旅をしていた頃は、歩けなかったせいもあってほとんどずっと馬車の中で、歩けるようになってからも馬車の傍を歩いていた。だから、居場所へ帰る、なんて初めてだ。でも。
 ……私の本当の居場所は、一体、どこなのだろうか……?
「……ごめん、翠。」
「え?」
不意に沈黙を破った湊の言葉に、私は首をかしげた。何だろう。湊に悪いことなんかされてないけど……。そういう私の心を察したのか、湊はためらいながら言った。
「……柊と柳と松が来たとき、翠を守れなくて、ごめん。」
ああ、と私は納得した。私はもう頼ってはいけないと思ったけど、新しく里に来て、しかも紅き眼を持つ私はきっと湊にとって守るべき存在だったのだろう。特に、湊自身を『蒼眼』と呼ぶような人達からは。
「……あいつらは、学校にいた頃、僕をいじめていたんだ。」
湊がぽつりと言った。私はそうだろうと思っていたけれど、一つ疑問があったので聞いてみた。
「湊、聞きたいんだけど……、今日、藺草があの…ひやまだよね?を追い出したけど……学校にいた頃は違ったの?藺草がいたら、きっといじめなんか許さないはずなのに……。」
私の言葉を、湊は黙って聞いていた。そしてちょっと間を置いてから、ゆっくり話しだした。
「……藺草は、学校にいた頃はあんな風じゃなかったんだ。今の藺草になったのは卒業してから。でも詳しい話は藺草に聞いて。僕には藺草の話を勝手に語る資格はないから。それに、誰もあいつらのいじめを止められなかったのには、もう一つ理由がある。」
私はかすかに相槌を打ちながら驚いていた。藺草が、あの強くて優しい藺草が?
「……もう一つの理由は、三人のうちの一人、柳が、この里で大きな権力を持っている尾上(おのえ)一族の生まれだからだよ。」
「……え、それだけ?」
つい零れた言葉に、湊はうん、と頷いた。
「尾上一族は、遠い昔、蒼き者が初めて紅き者と戦ったとき、片腕としてともに戦った者を祖先に持っているんだ。だからその祖先の名を取って『尾上一族』と名乗ってる。そして祖先のおかげか、今までの蒼き者の多くは尾上一族出身なんだ。それで、彼らは昔からこの里で大きな権力を持っているんだよ。そう、やろうと思えばこの里を意のままに動かすことだってできる。柳はそれを知っていたから、好き勝手にしていたんだ。自分の思い通りにならなければ、親に嘘をついてそいつを懲らしめてやればいいんだから。」
「……ひどい。」
「でも、そういうことはもうないと思う。……藺草と忍のおかげで。」
え、と反射的に顔を上げると、湊が微かに笑っていた。どういうこと、と聞こうとしたとき、声がした。
「おかえり湊、翠。それとも、夕ご飯を食べないで話すつもり?」
梯子の上で待っている美葉さんの言葉に、私と湊は笑いながら駆けだした。
 ……今はまだ、きっと、ここが私の居場所だ。







こんにちは、みなみです!更新遅くてすみません……。<(_ _)>
昨日更新しようと思ったのですが気付いたら夕御飯の時間でした(汗
でも今日は高校の推薦入試の関係でいつもより早く帰れたのでもうこれは更新するしかないと思った次第です。←
そして気付いたら来週テストが……(苦笑)
頑張ります!勉強も小説も!ではそんなわけでまた今度www






コメント返信>
Aspecchi様>
 毎度毎度返信遅れてすみません……<(_ _)>
 出かけないけど家でゴロゴロ……って感じです。←←
 でも来週もうテストなんで頑張らなきゃなぁと。学年末ですしね。
 あぁ~、確かにそうですね。まぁ私はほとんどクイズ番組とアニメしか見ないんですけども(・・;)
 でも面白そうなものは心に留めておきたいと思います。
2012.02.13 Mon l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
52、暗闇                 ‐翠・美陽
「……さて、翠ちゃん、どう?これからも、やっていけそう?」
藺草にそう聞かれたのは、洗濯小屋で服を軽く干している時だった。洗濯中なので、置いてあった服を借りて着ている。子供たちは先に服を洗濯して帰らせていて、湊と葵は一人で帰れない小さい子を家まで送っている。だからここにいるのは私と藺草、そして忍の三人だけだ。
「うん、なんとか。」
そう言って笑った私の内心を見透かしたかのように、藺草は心配そうな顔をした。
「……今日のこと、怖い?」
私はうつむいた。怖い。それはまさしく今の自分に当てはまる感情だった。でもおそらく、藺草が考えている感情とは、少し違う。
「……怖いけど、大丈夫。みんながいるから。」
一応そう返すと、藺草は良かった、と笑った。忍は何も反応は示さなかったが、干されていた服を取って軽く叩き、着替え始めた。それを見て、藺草と私は慌てて干した服を取った。
 ……私は、確かに怖い。だけどそれは……。
「結構暗くなっちゃったわね。忍、今何の刻?」
「18の刻の半刻と五半刻と刻分の参。」
「えっと……、うわ、18の刻の38分?ごめんね翠ちゃん、遅くなっちゃって。……翠ちゃん?」
え、と藺草をみると、藺草はまた心配そうな顔をしていた。
「ほんとに大丈夫?ぼーっとしてたみたいだけど……。」
「う、ううん、ほんとに大丈夫。今日、いろんなことあったなって思って。」
「それならいいんだけど……。」
それでも心配顔の藺草に何かごまかす方法はないか必死で考えていると、小屋の外で物音が聞こえた。忍がいち早く気付き、扉を開けた。
「うわっ!……ってなんだ、忍か。洗濯終わった?」
そこにいたのは、湊と葵だった。
「終わったわ。にしても、まさかいきなり扉開けようとしたんじゃないでしょうね。」
「違うよ、ノックしようとしたら忍が開けたんだ。そうだよな……葵。」
どこかぎこちなく同意を求めた湊に、葵はゆっくり頷いた。
「ならいいんだけど……。じゃ、帰りましょう。」
藺草のその声に、みんな頷いた。忍が洗濯小屋のランプを消す。ランプの灯の後に残ったのは暗闇だった。その暗闇の中を、みんなで何とか学校の出入口まで歩いた。そう言えば、さっき聞いたところによると、ランプの灯は蝋燭草という草の灯らしい。世界は、私の知らないことだらけだ。
 そう、本当に、私は何も知らない。だから。
「じゃあ皆、また明日!」
藺草と忍が、そう言って闇の中に消えていった。葵も、気付けばどこにもいない。
「じゃあ、帰ろうか、翠。」
「うん。」
 だから、私はいろんなことを知りたい。そう、滄き女神のことも、……自分自身のことも。
 湊とともに、私は、闇に一歩踏み出した。









明けましておめでとうございます、みなみですっ!!
……と言ってももう今日は七草粥の七日ですが(^_^;)
いや、あの、数学の宿題終わるまでPCをやらない!という誓いをしたから……(汗
その結果数学は終わりましたが他は終わってません。←
では、今年もよろしくお願いしますっ!!







コメント返信>
Aspecchi様>
 まあそうなんですけど……。今、ほしいものに「買えるもの」が無いんですよね……。
 何しろ今一番ほしいのが異世界へのとb時間ですからね~。小説書く時間。
 あ、あと画力もほしいです。これは鍛練しろって話ですけど。
 まぁ今年は何か頼めたらいいなぁって思ってます。
2012.01.07 Sat l 紅滄 ~滄ノ運命~ l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。